気ままな車内泊一人旅

観光地や出会った素敵な風景を紹介しています。

糸島半島 火山頂上付近からの絶景!part2

二見ヶ浦の絶景を見てから、火山からの眺めも絶景だろうと思い、急いで「火山」へ向かいました。
以前、カメラのコンテストで、プロのカメラマンの方が撮影された写真を見て、
ここは日本なのか?と思わせるような素晴らしい景色で、見た人は絶賛されてました。

どこだろうとネットで調べてみると、なんと!福岡の糸島でした。まだ、こんな素晴らしい場所が福岡にあったのかと改めました。
以前、訪れた時のです。
http://m-masak.blog.so-net.ne.jp/2011-06-28
2012_08250262.jpg
眼下に見える砂浜は「弊の浜」です。

学生の頃、たまに泳ぎに来てました。

その先に見えるのが「芥屋の大門」で、

左側の山が「立石山」です。

2012_08250263.jpg
ハンググライダー発進基地があります。

良く、弊の浜からハンググライダーが飛んでる姿を見たことがあり、

ここから、飛んでたのですね。

2012_08250264.jpg
急いで来て正解でした。

火山からの絶景です。

真っ青な青空にマリンブルーの海が!

うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪です。

透き通った玄界灘も素晴らしいです。

2012_08250266.jpg
右側には、小さな港町、野北の漁港が望めます。

この時期、新緑が美しいです。

2012_08250269.jpg
ちょっと、アップで・・・。

前回とは、比べることのできない絶景が望めました。

2012_08250275.jpg
素晴らしいロケーションでした。

もう、何度も感動してしまいました。

ここからの夕日も美しく、訪れる方も多いそうです。

2012_08250282.jpg
ここからハンググライダーが飛び立つ姿を撮影に来られている、

スカイラインのおじさんが居ます。

その方によると、それは素晴らしい光景だそうです。

2012_08250294.jpg
晴れて、透き通った日は、

双眼鏡で壱岐も望めるそうです。

おじさんが、今日は、ラッキーだったね!っとおっしゃいました。

周に何度か訪れてるそうですが、

中々、こんな景色を望むことができないそうです。

2012_08250296.jpg
「芥屋の大門」です。

2012_08250300.jpg
しばらく双眼鏡で覗きながら、おじさんに、

あれはなんていう島?っと聞きながら、

いろいろと教えてくれましたが、日が経つと忘れてしまいました。

2012_08250303.jpg
唐津方面もクッキリと望むことができました。

2012_08250307.jpg
弊の浜は、サーフィンで有名な浜辺で、

芥屋の大門と野北浜を結ぶ6kmに至る弓張型の砂浜と松原が続く

玄海国定公園を代表する白砂青松の海岸線ですね。

2012_08250308.jpg

2012_08250311.jpg

2012_08250315.jpg

2012_08250317.jpg

2012_08250320.jpg
ラッキー(^^_)ルン♪。

真っ青な青空に白い雲が流れてきました。

海面も雲の陰が・・・。

うわぁ…すばらしい!(^^_)ルン♪

雲があるとないとでは、違った景色になりますね。

もっと、右側にも流れて欲しかったのですが、

その内、消えてしまいました。

2012_08250322.jpg
平日だったので、サーファーも少ないようです。

2012_08250323.jpg
これは離岸流でしょうか?。

2012_08250326.jpg

2012_08250327.jpg

2012_08250331.jpg
少し高台にある展望所からの眺めです。

おじさんから、ここからハンググライダーの飛ぶ姿を撮るといいよ!

っと、教えてくださいました。

周りは、木々に囲まれているので、

夏場でも、日陰になってて少しは涼しいです。

2012_08250333.jpg
最後に、もう一度、

火山からの絶景です!!!。

もう最高のロケーションでしたぁーーー。

2012_08250334.jpg
多分、もう二度と出会えないと思います。

2012_08250336.jpg
やっぱり、白い雲があると絵になりますね。

2012_08250337.jpg
夕方近くになると、また、違った姿を見せてくれる弊の浜です。

波が打ち寄せ、海面がキラキラと光、

またこれも美しい光景です。

2012_08250340.jpg
最後は、愛車と記念撮影です。

2012_08250344.jpg
山頂までは、こんな坂道がずっと山頂まで続きます。

途中、離合する場所が少ないので、初心者の方はご注意を!

2012_08250347.jpg
スカイラインのおじさんは先に帰ってしまいました。

本当は、おじさんに付き合ってもらって、

夕日を撮りたかったんですが・・・(;>_<;)ビェェン。

また、ちょくちょく訪れてみようと思います。

そうそう、この日、

山頂へ向かってると途中で、

一人の年配の女性が汗びっしょりで座りこんでました。

おじさんと車から降りて駆け寄ると、

足が痛くて、もう歩けないと苦痛の顔で訴えるので、

病院まで送ろうと思いましたが、

先に、一緒に来られた方が登られてるそうで、

山頂付近まで乗せていくことにしました。

それにしても、ビックリ!装備がなってませんでした。

幾ら低山登山でも、ウォーキングのような格好で、

しかも軽装備でした。

山頂付近に着くと、数人の登山者が居ました。

その方々も遅いので心配されてたようです。

が、私は、どうして一人置き去りにしたんだろうと、

ちょっと、怒りを覚え怒鳴ってやりたい気持ちになりました。

はぐれてからかなり時間が経ってたようです。

なぜ?誰も探しに行こうとしなかったのかと。

その後、二人に肩を支えながら、

神社がある方面へ下っていかれました。

一人では、もう歩けない状態でした。

普通、登山する場合、

数人のパーティーで歩く場合は、

サブリーダーが先頭に立ち、リーダーは最後尾につきます。

そうしないと、目が行き届かなくなり、危険な状況が発生する可能性があります。

仲間だったら、もっと気を配って大事にして欲しいですね。









スポンサーサイト
  1. 2016/05/04(水) 09:04:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

糸島 二見ヶ浦の絶景!

急に、青い海を見たくなり、早朝、久しぶりに糸島の「二見ヶ浦」へドライブへ行って来ました。
昔、学生の頃は、よくここへ友人や彼女とデートに良く訪れてました。
また、夕日が美しい場所として有名で、夫婦岩の間に沈む夕日を撮りによく訪れた場所でもあります。

福岡県の名勝「日本の渚100選」「日本の夕日100選」にも選ばれ、伊勢二見ヶ浦が「朝日の二見ヶ浦」に対して、
桜井二見ヶ浦は「夕日の二見ケ浦」として有名です。

今回は、ここからも素晴らしい絶景の景色、マリンブルーの海が望めことを願って訪れました。
昔、一度だけ見たことがあったのですが、気象条件にも左右されてしまうので、その後、中々、出会う機会がなかった。
2012_082500033.jpg
朝日に染まる雲とヤシの木の景色です。

ヤシの木って、何だか南国を思い浮かべ、

宮崎を想像します。

まだ、薄暗い時間帯に着きました。

今回は、「二見ヶ浦公園聖地」のふれあい広場(芝生公園)から、

眺めることにしました。

霊園の敷地内にある芝生公園から、

見下ろす二見ヶ浦の夫婦岩と鳥居の景色は、

晴れていると絶景の景色です。

2012_082500044.jpg
写真を撮ってると、後からカップルがやってきました。

2012_08250007.jpg
そこから見る左方面です。

この道を通称「サンセットロード」と呼ばれ、

ドライブコースとしておススメで、

夕方になると真っ赤な夕日を眺めドライブするのも、

最高な気分です。

2012_08250012.jpg
右斜め下には、

夫婦岩と鳥居です。

朝日に照らされて、夫婦岩が赤く染まってました。

2012_082500155.jpg
清々しい朝を迎えることができました。

早朝の景色も、

うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪でした。

2012_082500200.jpg
赤く染まる夫婦岩の様子です。

2012_08250027.jpg
よく見ると、一羽の海鳥が岩の上にいました。

私の望遠レンズではこれが精一杯で、

何の種類の海鳥かが分からなかった。

この鳥居にかかってる注連縄は、

4月の下旬頃、掛替えが行われます。

2012_08250032.jpg
夫婦岩と平行に並んでる鳥居です。

その内、
2012_08250040.jpg
ライダーがやってきました。

私も学生の頃、友人達とここへツーリングしに来てました。

駐車場には、自動販売機や公衆トイレ、

直ぐ傍にはレストラン二見ヶ浦もあります。

2012_08250046.jpg
打ち寄せる波が岩に当たって砕ける波の姿です。

2012_08250049.jpg
さて、この波が穏やかになるかが問題です。

2012_08250156.jpg
砂浜で撮影されてる方もいました。

2012_08250180.jpg
女性ライダーもやってきました。

かなり大きな単車です。

2012_08250189.jpg
そして、かっこよく走り去っていきました。

私も中免がほしいなぁ~!

中免があったら、直ぐにでも北海道へツーリングへ行くんだけどね。

2012_08250054.jpg
東屋展望所からの眺めです。

2012_08250057.jpg
そこから眺める景色も、

うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪です。

2012_08250058.jpg
ここから眺める景色もおススメです。

2012_08250064.jpg

2012_08250070.jpg
ちょっと、大げさですが!ここは日本なの?

そう思わせるような景色が広がってます。

2012_08250073.jpg
まだまだ、海面は波打ってますね。

この波が穏やかになると、

待ってた絶景の景色が現れます。

2012_08250076.jpg

2012_08250077.jpg

2012_08250084.jpg

2012_08250090.jpg
ここから見える島はどこでしょうか?

手前の小島には灯台が見えますが、

烏帽子島灯台?

2012_08250091.jpg
島の手前に湾が見えるので小呂島でしょうね。

空と海のコントラストが美しいですね。

2012_08250097.jpg
白い彼岸花と影ヽ(^o^)丿。

2012_08250100.jpg

2012_08250106.jpg
愛車を入れてヤシの木を!。

いつも、私をどこへでも連れて行ってくれる相棒です。

2012_08250110.jpg
芝生公園からの眺めです。

なぜか?スズメバチがいました(;>_<;)ビェェン。

なぜか?スズメバチと遭遇すると、

襲撃にあいます。

2012_08250112.jpg
打ち寄せる白波が綺麗ですね。

でも、これが止まないと絶景が望めません。

2012_08250199.jpg
大きなトンボも飛んでました。

トンボの名前が分からない(・_・")?。

2012_08250118.jpg
だいぶ海面も穏やかになり、

透き通る海面が、

うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪です。

2012_08250118.jpg
そろそろです。

2012_08250123.jpg こちらも海の色がマリンブルーに変化してきました。

2012_08250125.jpg

2012_08250129.jpg
二見ヶ浦の絶景です!

うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪。

素晴らしい景色だと思いませんか?

2012_08250135.jpg
気象条件が合うと、二見ヶ浦も、

こんなに素晴らしい景色と出会うことができます。

2012_08250140.jpg
福岡の海も捨てたもんではないでしょう。

2012_08250142.jpg
もう、最高の眺めです。

こんな二見ヶ浦を見る機会は、中々、ないと思います。

2012_08250144.jpg
ふれあい広場(芝生公園)の様子です。

ここが霊園の敷地内とは思えないほどいい場所で、

おススメです。

2012_08250153.jpg
地平線もクッキリと!

真っ青な青空とコマリンブルーの海に

この透き通るような海の美しさ!

久しぶりに感動してしまいました。

2012_08250157.jpg
欲を言えば、白いぽっかり雲があったら、

もっと、最高のロケーションだったでしょうね。

2012_08250173.jpg

2012_08250184.jpg

2012_08250186.jpg
ふれあい広場(芝生公園)のヤシの木が並ぶ景色も、

素敵ですね。

2012_082502099.jpg
時折、飛行機が飛んでいきます。

2012_08250212.jpg
南国を思わせるヤシの木。

久しぶりに、宮崎へ行きたいなぁ~。

2012_08250188.jpg
多分、こんな素晴らしい二見ヶ浦とは、

2012_08250190.jpg
滅多に出会うこともないだろうと、

2012_08250191.jpg
たくさん撮って来ました。

小さな漁船の姿も・・・いい感じですヽ(^o^)丿。

折角なので、海岸へ降りて見ることにしました。

2012_08250192.jpg
この日は、平日だったのもあって、

駐車場はがらがらでした。

この坂道(一方通行)を下ると、駐車場の横へ出ます。

2012_08250193.jpg
ちょっと、遊んでみました。

2012_08250194.jpg

2012_08250197.jpg
砂浜から見た、夫婦岩と鳥居です。

2012_08250206.jpg
芝生公園から見て、岩場に波打つ白波が凄かったので、

2012_08250211.jpg
何枚か、ここから撮って見ました。

2012_08250219.jpg

2012_08250225.jpg

2012_08250230.jpg
海岸に波が寄せては、

サァーっと泡立ちながら引いていく姿は、

子供の頃、砂浜で遊んだ記憶が甦ってきます。

2012_08250233.jpg

2012_08250235.jpg
正面から見た鳥居と夫婦岩です。

右に見える岩は、誰が言い出したのか?
2012_08250237.jpg
鯨岩と呼ばれてるようです。

2012_08250243.jpg
鳥居越しから望む夫婦岩です。

この2つの岩は、高さ11.2mと11.8mで、

長さ30m、重さ1トンの大注連縄が張られています。

5月ごろ、注連縄が取り替えられるようです。

いつか、それも見に訪れようと思ってます。

2012_08250245.jpg
うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪。

素晴らしい眺めでした。

こんな美しい光景を見るのは、久しぶりで、

ラッキーでした。

もう、何度も感動してしまいました。

2012_08250246.jpg
これだったら、火山からの眺めも絶景だろうと、

2012_08250249.jpg
いつまでも、眺めて居たかったのですが、

急遽、火山へ向かうことにしました。

2012_08250254.jpg
愛車と絶景の二見ヶ浦。

2012_08250257.jpg

2012_08250215.jpg
「レストラン二見ヶ浦」です。




火山の絶景へつづく・・・。




  1. 2016/05/04(水) 06:24:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

まぁちゃん

Author:まぁちゃん
車で友達とドライブ!各地のイベントに観光スポットに温泉へ出かけたりと、暇と時間があればどこかへ出かけ、楽しんでいます。

※秘密の場所や作品などは紹介していません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気ままな車内泊一人旅

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる