気ままな車内泊一人旅

観光地や出会った素敵な風景を紹介しています。

アオサギの飛翔

朝日を撮りに近くの池へ行ってきました。

ここからの朝日と水鳥のシルエットが好きで時間があれば訪れています。

この日は、鳥友さんも来てて、目の前でアオサギが飛び回ってました。

鳥友さんが撮って!って言うので、アオサギを撮ってもねぇって思いながら、

仕方がなく撮って見ると、いつも見るアオサギさんとは違ってて、

綺麗だなぁーって素直に思いました。

どこにでも居るアオサギさんですが、朝日に浴びるアオサギさんも

綺麗だということに気づき、もっと、綺麗に撮っておくべきでした。

IMG_8743.jpg
和名:アオサギ(蒼鷺)
英名:Grey Heron
学名:Ardea cinerea
全長は88-98cm。翼開張150-170cm。
ペリカン目サギ科アオサギ属に分類される鳥類。

普段は、アオサギかぁーって撮らないんですよね。

IMG_8744.jpg
でも、この日は、

へぇ~、アオサギも綺麗な鳥なんだと気づきました。

IMG_8745.jpg
目の前を、大きな翼を広げて飛びまわってました。

あまりにも近い距離だったので、

ギリギリにおさめることができました。

IMG_8746.jpg
翼を大きく広げると、

私の身長(173.8m)ほどあるようです。

IMG_8747.jpg
これがタンチョウヅルだったらなぁ~

いいのにねっ!

北海道に時期外れにタンチョウヅルを撮りに行ったのですが、

米粒ほどの大きさでしか撮れませんでした(ノ_<。)ビェェン

IMG_8749.jpg
水面がキラキラ輝いて、

アオサギさんも際立ちました。

IMG_8753.jpg
水面すれすれに飛行して、

IMG_8755_20160129194120a91.jpg
大きな翼を広げ、

無事着地しました。

IMG_8783_201601291941168a8.jpg
口ばしがオレンジ色に輝いて綺麗でした。

この後、いつものようにマッタリとしてました。







スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 10:05:20|
  2. アオサギ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオバズクの目にキャッチ・アイ

写真が多くて整理ができていない状態です。
そんな整理ができていない中に面白いものがありましたので、
紹介します。

(ノートリミング、1000mで撮影)
DSCN8706_1.jpg
ちょっと怖い顔をしてますが、

今年、産まれたアオバズクの雛ちゃんです。

よく見ると、両目に周りの風景や青空が映りこんでいます。

DSCN8715_1.jpg
少し、位置を変えて撮った雛ちゃんのお目めです。

周りの風景や人、青空が写ってるのが分かりますね。

こうして見ると、口ばしの先っぽが少し透明だということに気づきました。

DSCN8715_5.jpg
それにしてもアオバズクの目は透き通るような、

綺麗な色をしてますね。

毛も一本一本くっきりと写ってます。

いつか、全紙にして見たいですね。

写真にするともっとはっきりと分かると思います。











  1. 2015/11/29(日) 18:35:07|
  2. アオバズク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオジ 2015年11月28日

この日ある物をゲット!してから公園内をウロウロと鳥を探しましたが、
なんの収穫もなく帰ろうと近くの石の上に座ってると、鳥友の右側に何かが舞い降りてきました。

鳥友との距離は約1mほどので、私も慌ててカバンからカメラを取り出して、
設定もしないまま撮ってました。
途中で、設定があってないことに気づきました。なんの鳥なんだろうと話してると、
後方から公園で見かける方が「アオジ」だと言うことを教えてくださりました。

SS:1/50 f5.6 ISO:6400
IMG_8627.jpg
和名:アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀)
英名:Black-faced Bunting
学名:Emberiza spodocephala
全長:14-16.5 cm
動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類。

前回、真っ暗中での撮影で、綺麗に撮れていなかったので、

今回、綺麗に撮れてよかったです。

ただ、設定が真っ暗な中での撮影のままでした(;>_<;)ビェェン

※わざと前ボケで撮っています。

IMG_8629_2.jpg
しばらくジッ!としてて観察してると、

落ち葉の中の何かを食べてました。

IMG_8632_1.jpg
人に慣れてるのか?

少し動いただけでは逃げないようです。

IMG_8633_2.jpg
後方から来た女性の方も、

そっと近づいてきました。

が、撮影してません。

IMG_8639.jpg
何を思ったのか、

その女性の方は、アオジに近づいて行きました。

撮影はしていません。

IMG_8642.jpg
わたし達は、

後は、飛ぶ姿を撮りたかったので、

少し、動いたりしてましたが、

中々、飛ぶ気配もなく、

何かの実を食べてました。

IMG_8643.jpg

IMG_8658.jpg
体がぷくっ~て膨らんで、

可愛い~~!!♡です。

小鳥さんって本当にかわいいですね。

IMG_8661.jpg
あまり、近づきたのもあって、

金網の向こうへ入って行きました。

女性の方も、逃げないようだったから、

近づいたそうで、撮影しておけばよかったと、

反省してました。

帰ってから、前に撮ったアオジと比較すると、

こちらのアオジは茶色っぽい色で、

これもアオジなのかな?って思いました。

鳥って光の当り具合や撮る場所によって変わるので、

判断が難しいです。








  1. 2015/11/28(土) 14:10:38|
  2. アオジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡市動物園「ヘビの抜け殻お守り」を限定配布

テレビのニュースで、福岡動物園が「ヘビの抜け殻お守り」を限定配布してると流れてました。
ネットで福岡市動物園のHPを見ると、平成27年11月28(土)にも先着100名にプレゼントするということで、早朝から動物園に行って来ました。
既に30~40人ほどの長蛇の列で、その後も、あっという間に、長い行列ができました。

わたし達の子供の頃、よくヘビの抜け殻を財布などに入れる習慣がありましたね。
私は、女性の方からお財布の中に入れておくとお金が還るよ!っていただいた「カエル」を入れています。
カエルも古来から「無事帰る」「福カエル」などと縁起物として愛用されてますね。

こんなお寺もあります。
かえる寺 如意輪寺←クリックしてね。

EventDetail_2523_image.jpg
<日時・場所>
11月25日(水)、28日(土) ともに10時~10時30分
「は虫類舎」前にて(先着100名)

※時間(30分)、人数(先着100名)限定です。

※福岡市動物園では、ビルマニシキヘビを2匹飼育(2匹とも現在非公開)。
  うち1匹がアルビノ。体長約3m・体重約20kg・メス。

画像は、福岡市動物園から拝借しました。
EventDetail_2524_image.jpg
当日は、ヘビにタッチや飼育員さんが、

受験生の方の頭に、ヘビの頭を乗せられ、

合格の祈願をされ、女性の方も喜んでました。

たくさんの来客者が記念撮影をされて楽しまれました。

私も触りましたが、生暖かくて、肌がモチモチとしてました。

間近で見れ、しかも触ることができたので、

きっと何かいい事が起こるかも(^^_)ルン♪。

11月25日(水)は年末ジャンボ宝くじ発売初日されたので、

宝くじでも当ればいいなぁ~。










  1. 2015/11/28(土) 08:10:13|
  2. 福岡市動物園・植物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡空港 スターウォーズジェット(JA604A)飛来

前日、福岡空港に「STARWARSJET」が初飛来するということだったのですが仕事で行けませんでした。
行けたとしても、暗い時間帯だったので、多分、写しに行かなかったでしょうね。

次の日、また、飛来するということで空港へ行って来ました。
この日は、2便だったようで、那覇からの到着便にしか間に合いませんでした。
本当は、着陸時の国内線ターミナルを入れて、左側面のオレンジ色?赤色?を撮りたかったのですが、仕事中で抜け出せなかった。
そんな訳で、離陸の姿もいいので国際線ターミナルを絡めて撮ることにしました。

IMG_7750.jpg
中国国際航空 - Air China [CA/CCA]
Boeing 737-800(B-5179)

久しぶりの空港での撮影です。

まずは、テスト撮影です。

ここから、国際線ターミナルを絡めて撮りたいと思います。

しばらくは空港を離れて、野鳥を撮ってました。

IMG_7752.jpg
全日空 - All Nippon Airways [NH/ANA]
Boeing 777-200(JA711A)

私の大好きなスターアライアンス塗装です。

かなり視程が悪いです。

カメラの設定も終わり、離陸を待ってると、

Tさんがウロウロとしてました。

何でも、右側のオレンジをもう一度綺麗に撮りたくて、

場所に迷ってました。

IMG_7757_2.jpg
テスト撮影をしながら待ってると、

向こうから見覚えの女性の姿が!

お互い手を振りながら、

買ったよ!って言いながら近づいて、

なんと!5D Mark IIIを購入されてました。

いいなぁー!私の6Dと交換しようなどと他愛もない話を!

この方も、飛行機や戦闘機が好きで、

築城・芦屋・新田原航空祭へ毎年行かれてます。

IMG_7765.jpg
国際線ターミナルからプッシュバックし始めました。

撮影していると、後ろの方から、

しきりにクラクションを鳴らす音が!

振り向くとYさんでした。

IMG_7776.jpg
右側側面は、オレンジ色?赤色で、

STAR WARS BB-8が描かれてます。

奥のはるやまの文字が邪魔!

IMG_7812.jpg
ゆっくりと滑走路へと進入していきます。

が、誘導路が込んでてスターフライヤーが目の前に停止してます。

嫌な予感です。

もしかして離陸の瞬間、被さってしまう可能性が出てきました。

IMG_7816.jpg
カラスの群れが上空に!

嫌な予感です。

IMG_7824.jpg
地響きとジェットエンジン音を辺りに轟かせながら、

速度を上げながら滑走路を駆け抜けて、

IMG_7825_20151127022257238.jpg
げっ!

なんて事なんでしょう!!

こんな位置から離陸し始めました。

離陸が早すぎです。

げっ!げっ!!げっ!!!

予感的中です。

スターフライヤーが邪魔して離陸の姿が撮れなかった(;>_<;)ビェェン

IMG_7829_20151127022251b1b.jpg
全日空 - All Nippon Airways [NH/ANA]
Boeing 767-300(JA604A)

もう最低です。

こんな離陸の姿撮っても、

福岡空港だと分からないですね。

IMG_7830.jpg

IMG_7834_201511270230282c9.jpg
格納扉がぱかっ!と開きました。

IMG_7839_20151127023031494.jpg
機材が真新しいですね。

タイヤが格納されていきます。

IMG_7842.jpg

IMG_7842_1.jpg
左の側面には、

青色の文字でSTAR WARS R2-D2の画が描かれてます。

随分昔の話なんですが、

コカ・コーラ懸賞品でスター・ウォーズのR2-D2 AMラジオが、

当ったことがあります。

今もってたら、少し価値があったのかもしれないですね。

IMG_7843.jpg

IMG_7846.jpg

IMG_7850_20151127023210864.jpg
あっという間に飛んで行ってしまいました。

ざっと、離陸していく姿を撮って来ました。

今度は、国内線ターミナルを絡めて撮りたいですね。

それと、流し撮りで……。









  1. 2015/11/25(水) 15:45:56|
  2. 福岡空港(臨時便など)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミサゴの非難

昨年の11月ごろから時間を見つけ、ミサゴを撮りに行くようになりました。

ミサゴを知ったのは、3年前、鳥友さんから見せてもらった写真でした。
その写真には、足に2匹のお魚を掴んだ姿でした。

その頃は、まだ、ミサゴに興味がなく、いつか撮って見ようと思い、
近くの池でミサゴが獲物を捕ってるのを観察してましたが、
一昨年、一度その場所へ行って見ると、たくさんの三脚が並んでてカメラマンの姿もたくさんでした。

人が多い場所では、撮りたくないので少し時期を早めてみようと、
昨年の11月ごろに行って見ると、数人のカメラマンだけでした。

その中に、以前、紅葉の時期にお会いした方がいらっしゃって、ミサゴのことをいろいろと聞くこともでき、
ここで撮って見ようと決めました。

運が良くて、初っ端からミサゴのダイブや獲物をゲッ!とした瞬間も撮れました。
面白いことに、このミサゴさんは、他のミサゴとはちょっと変わった習性を持っていて、
この子を撮って見たいと思いました。

以前、私が見つけたカワセミ(♀)さんも、そういったちょっと変わった習性を持ってて、
いつの間にか愛着がわき、ずっと撮り続けてましたが、子供が産まれた頃から、
姿を見せなくなってしまいました。
(数ヶ月間探し回りましたが、見つけることができませんでした(ノ_<。)ビェェン)

多分ですが、その場所を子供に譲ったようです。

姿を見せなくなってから、3匹のカワセミの子が飛び回ってました。
数ヶ月間、観察してると、私が撮ってたカワセミさんと同じ行動をとってるのに気づきました。
止まる場所、ホバリングする場所、出てくる時間帯などが殆ど同じでした。

今回、それと似たミサゴと出会い、撮って見たいという気持ちになりました。
こんな個体とは滅多に出会うことがありません。
これから少しづつ時間を見つけ紹介してみようと思います。


※撮影場所の問い合わせにはお応えできませんのでご了承願います。
  見る人が見れば場所は特定できると思います。

IMG_7653_1.jpg
和名:ミサゴ(魚鷹)
英名:Osprey
学名:Pandion haliaetus
全長:54cm雄 64cm雌

私が撮って見たいと思ったミサゴさんです。

そんな個体は滅多に存在しません。

IMG_7656_1.jpg
ミサゴが獲物を捕ると、どこからともなくカラス達が絡んできます。

いつもの場所で、捕ったお魚を食べてると、そこへカラスが横取りをしようとちょっかいをかけてきます。

IMG_7655_1.jpg
ミサゴも、応戦し物凄い鳴き声で反撃をしますが、

カラスは平然としてて、傍から離れることなく獲物を狙ってます。

落ち着いて、お食事ができないミサゴは、飛び去っていきますが、

その後をカラスは追いかけてミサゴ目掛けてアタックしていきます。







  1. 2015/11/24(火) 15:54:54|
  2. ミサゴ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡空港 久しぶりの夕日(part4)2015

夕方ごろ夕日が綺麗だったので空港へ寄って見ました。
最近は、この1年あまり空港へは来なくなって、野鳥やお祭りなどを撮ってました。
この日は、RWY34からの着陸だったので、もしかしてあれが撮れるんじゃないかと(o(^ー^)o)ワクワク。

EOS Kiss Digital X
EF55-200mm F4.5-5.6 II USM
IMG_0980_1.jpg
オレンジ色のジェットエンジン!

この時間帯は、飛行機が夕日を浴び。゚+.キラキラ+.゚。

ジェットエンジンの隙間にも日差しが差し込み綺麗です。

いつか、ジェットエンジンが赤く燃える瞬間を撮ってみたいです。

中々、そういうチャンスとはめぐり合えません。

IMG_1736.jpg
雲の炎と飛行機!

ゆらゆらと薄い雲が夕日に照らされて炎のように!

炎と飛行機のシルエット。

IMG_1797_1.jpg
レインボー(^^_)ルン♪

夕方の夕日が沈むころ、飛行機雲が虹色に輝きますね。

久しぶりに撮って見ました。

しばらく空を眺めてると、飛行機がクロスしました。

その瞬間を見逃してしまいました(;>_<;)ビェェン

再び、そのチャンスが!
IMG_1812_1.jpg
飛行機のクロス!

ざぁ~んねん!

飛行機がクロスするかと思いましたが、

タイミングが合わなかった。

虹色の飛行機雲も出てたのに……。

IMG_1877.jpg
赤いお腹!

マイナーな光景ですね。

B787の赤いアンコリはLEDなので、

他の機よりアンコリが明るくお腹が赤く染まります。

夜間と、これを撮りに来る方も多いですね。

IMG_2021_1_1.jpg
コックピットの光芒!

久しぶりに狙って見ました。

タイミングが合い、上手い具合に撮れました。

コックピットの窓ガラスが反射し。゚+.キラキラ+.゚。と

光芒が発生します。

IMG_2025_1_1.jpg
パイロットさんのシルエット

夕日に照らされたコックピットに、

パイロットさんのシルエットが浮かび上がります。。

毎日ご苦労様です!

IMG_2031_1_1.jpg
噴出す熱風がモヤモヤと!

この日は、タイミングが合わず、

飛行機が太陽に突っ込むチャンスがありませんでした。

それでも、ジェットエンジンから噴出す熱いガス?が

夕日で反射し、モヤモヤっと引張ってくれました。

800mmでの撮影。

IMG_2046_1_1.jpg
飛行機から光芒

ジェットエンジンから噴出すモヤモヤを撮ってる間、
暇だったので、久しぶりに撮って見ようと思ったが!

少し遅くてタイミングが合わず、

脚立を使って高さを調整して光芒を撮ってみました。

IMG_2255.jpg
久しぶりの4発のお姉さん

いつ飛来するか分からない4発のお姉さん。

久しぶりに出会えました。

残念、タイミングが少し遅くアンコリも半減で中途半端!

IMG_2260.jpg
B787のアンコリ

B787の赤いアンコリはLEDなので、

他の機よりアンコリが明るくお腹が赤く染まります。

この日は、787の飛来日。
IMG_2260_filtered.jpg
寒空の中、多くの飛行機ファンがこれを撮るために、

夜遅くまでがんばってるようです。

私は、寒くて帰りました。

IMG_8695_1.jpg
一日お疲れ様です。

たくさんの観光客を楽しませた観光バスが帰路へと。

真っ赤に染まる太陽に突き刺さり、窓からも夕日が!

適当に撮って遊んできました。

たまに夕方に空港へ訪れるのもいいですね。












  1. 2015/11/24(火) 05:15:06|
  2. 福岡空港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソヒヨドリ

鳥を撮影に行くと、よく見かけるのですが、撮りたいって思ったことがなくて、今まで撮らなかった。
でも、この日は、イソヒヨドリが傍に近寄ってきたので撮ってみました。

証拠写真です。

IMG_7239_1.jpg
和名:イソヒヨドリ(磯鵯)
英名:Blue Rock Thrush
学名:Monticola solitarius Linnaeus
全長は23cmほど
スズメ目、ツグミ科に分類される鳥の一種。

柵が邪魔ですね。

綺麗な鳥なんですが、

余り撮る人はいないですね。

こちらの様子を伺ってました。

綺麗な鳴き声です。

IMG_7240_1.jpg
柵越しで、少しもやっと・・・。

この辺りに巣でもあるのか?

よく姿を現します。





  1. 2015/11/24(火) 01:58:46|
  2. イソヒヨドリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今津干潟 アオアシシギ

帰りに通る今津干潟に寄って、

ホウロクシギを撮ってると左側に小さな水鳥?が居ました。

何の鳥だろうと撮ってるとパッ!と飛んで行ってしまいました。

今津干潟は、ネットであたり前のように紹介されていますので、

あえて隠さず紹介します。

IMG_6584_20151122220139be5.jpg
アオアシシギだと思います。
(間違ってたらm(_ _)mさい。)

気づかれてパッ!と遠くへ飛んで行ってしまいました。

小さなかわいい水鳥でした。

この後、ミサゴの姿を見かけましたが夕方ごろだったので、

巣へ帰って行ったようです。






  1. 2015/11/22(日) 22:08:17|
  2. アオアシシギ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハグロトンボの飛翔

カワセミの様子を確認しながら、いつもの場所を回ってると、トンボさん見っけ!
ちょっと、時間も空いていたのでトンボさんを撮って、レンズのAFの確認をして見ました。

IMG_4646_20151119214101d54.jpg
ハグロトンボの飛翔です。

カメラのシャッタースピード、レンズのAFがやはり遅いですね。

元々、動き物を撮るつもりではなかったので、

このカメラを購入したのですが、

5D Mark IIIを購入しておくべきでした。

まさか、鳥を撮るようになるとは思っていなかった。

IMG_4672.jpg
トンボの飛んでる姿はいいですよね。

トンボは、同じ場所へ戻る習性があるので、

わりと撮りやすいですね。

IMG_4673.jpg

IMG_4692.jpg

IMG_4711.jpg
ざっと、トンボの飛んでる姿を撮ってみました。








  1. 2015/11/19(木) 21:49:34|
  2. 昆虫シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何の鳥?

公園内を鳥さんを探しながら歩いてると、鳥さん見っけ!
鳥を撮り始めて、そろそろ1年になりますが、まだまだ鳥さんの名前が分かりません。

IMG_6274_2015120220112982b.jpg
緑の紅葉が美しかったので、

広角側で撮ってみました。

うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪

緑が目にやきつく感じです。

紅葉だったらもっと良かったでしょうね。

IMG_6274_1.jpg
アップにして見ました。

ネットでいろいろと調べてみましたが、

鳥さんって、撮る方向や光の当り具合などで、

見分けづらくて分かりませんでした。

IMG_6277.jpg

IMG_6278.jpg
この鳥さんの名前が分かりませんでした。

誰か、このブログを見られた方は教えてください。

よろしくお願いします。









  1. 2015/11/19(木) 20:18:41|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロハラ 2015年11月19日

この日の目的の小鳥さんを探して回ってると、地面に何かが動いてました。
双眼鏡で覗くと「シロハラ」が居ました。
前回、綺麗に撮れなかったので、今度こそは!

IMG_6261.jpg
シロハラさんの後姿です。

こっち向いてぇー!

って思ってると、

IMG_6264.jpg
和名:シロハラ(雌成鳥)
英名:Pale Thrush
学名:Turdus pallidus
全長:24cm
スズメ目ツグミ科に分類される鳥の一種。

こっちを向いてくれました。

何か?口ばしにでも持っていないかと期待してましたが、

なぁ~んにも銜えていませんでした。

IMG_6271.jpg
うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪

緑のモミジが日差しに照らされて、

とても印象的で綺麗でした。

もう直ぐ、紅葉に季節を迎えようとしてました。

時間と暇があれば、紅葉の時期に訪れてみようかな?

っと思います。








  1. 2015/11/19(木) 13:47:31|
  2. シロハラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡市植物園 蘭展

植物園へ行くと、蘭展が開催されてました。
蘭には興味があったので温室へ行って見ました。
温室には、珍しい植物を観察することができます。

ざっと写真を撮って来ました。
帰ってから植物園のHPでお花の名前を調べようと思いましたがあまかった。
植物園のHPでは、紹介されてませんでした。

IMG_6449.jpg
ミルタシア・オルメック‘サチ’

IMG_6451.jpg

IMG_6453_201512030403503bf.jpg
ドラクラ・ロタクス
(ドラキュラ・ロタクス)

サルの顔のように見えるランだそうで、

虫眼鏡が置いてありました。

友達は、お猿さんに見えると喜んでました。

IMG_6462.jpg
こちらは、ドラキュラー?

IMG_6460.jpg

IMG_6464.jpg

IMG_6467.jpg
オンシジウム・シャリーベイビー

IMG_6471.jpg

IMG_6475_201512030407284fe.jpg

IMG_6478_20151203040728cb6.jpg

IMG_6481.jpg

IMG_6485.jpg

IMG_6483.jpg

IMG_6490.jpg
コエビソウ

見頃の時期 年中
和名     コエビソウ
学名     Beloperone guttata Brandeg.
科名     キツネノマゴ科
属名     ベロペロネ属

IMG_6492.jpg

IMG_6495.jpg
トックリキワタ

見頃の時期 11月  12月
和名     トックリキワタ
学名     Ceiba speciosa
科名     パンヤ科
属名     パンヤノキ属

IMG_6497.jpg
バナナ

見頃の時期 4月  5月  6月  7月  8月  9月
和名     バナナ
学名     Musa acuminata
科名     バショウ科
属名     バショウ属








  1. 2015/11/19(木) 13:02:14|
  2. お花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマガラ 2015年11月19日

この日は、何の収穫もなかった。
仕方がないので、いつものコースを見て回りましたが、これといって珍しい小鳥さんと出会うことがなかった。
いつも、シジュウガラやヤマガラを撮ってる場所を見てから帰ることにしました。

IMG_6426_20151202190600a50.jpg
和名:ヤマガラ(山雀)
英名:Varied Tit
学名:Parus varius
全長:14cm
スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に分類される鳥類。

ラッキー!

同じ木に、ヤマガラとシジュウガラが止ってました。

撮りやすい場所に止まっていました。

以前、訪れた時は、

枝にたくさん葉がついていたので、

枝が被ってしまい、綺麗に撮ることができませんでした。

IMG_6428.jpg
よく見ると、足に何かの実を、

大事そうに掴んでました。

IMG_6430.jpg
ヤマガラも綺麗な鳥さんなんですが、

正面から撮ると目の周りが黒いので、

目が真っ黒になって難しいです。

IMG_6431.jpg
鳴いてる様子です。

よく見ると、口ばしの中の下が写ってました。

今まで撮った中で、一番綺麗に撮れたので良かったです。








  1. 2015/11/19(木) 12:47:30|
  2. ヤマガラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョウビタキ 2015年11月19日

この日は、何の収穫もなかった。
仕方がないので、いつものコースを見て回りましたが、これといって珍しい小鳥さんと出会うことがなかった。
いつも、シジュウガラやヤマガラを撮ってる場所へ向かってると、同じ木に止ってました。

2匹を交互に撮ってると、何かが左側に飛んできて止りました。
そっと、その方向を見ると「ジョウビダキ」が1mほど先の岩に止ってました。

IMG_6399_20151202200309409.jpg
和名:ジョウビタキ(尉鶲、常鶲)
英名:Daurian Redstart
学名:Phoenicurus auroreus
全長:14cm

めちゃくちゃ近い傍にジッ!として止ってました。

レンズを向けると飛んでしまうのではないかと、

そっとレンズを向けて撮りました。

IMG_6405_20151202200305e6d.jpg
ジョウビタキの目の周りも黒いので、

目が真っ黒(;>_<;)ビェェン

難しいですね。

IMG_6406_2015120220030690a.jpg

(↓クリックすると、少し大きな画像で見れます。)
IMG_6408_1.jpg
カメラの設定を見直して、

めちゃくちゃ綺麗に撮れました。

こんなに傍で綺麗に撮れたのは初めてで嬉しかったです。

写真にすると、さらに綺麗で毛もしっかりと写ってました。









  1. 2015/11/19(木) 12:44:12|
  2. ジョウビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シジュウカラ 2015年11月19日

この日は、何の収穫もなかった。
仕方がないので、いつものコースを見て回りましたが、
これといって珍しい小鳥さんと出会うことがなかった。

いつも、シジュウカラやヤマガラを撮ってる場所を見てから
帰ることにしました。

IMG_6368.jpg ラッキー!

同じ木に、ヤマガラとシジュウカラが止ってました。

撮りやすい場所に止まっていました。

以前、訪れた時は、

枝にたくさん葉がついていたので、

枝が被ってしまい、綺麗に撮ることができませんでした。

が、この日も枝が被ってました。

撮ってる時には、見えなくて気づかなかったのですが、

画像を見直してると枝が被ってました。

綺麗に撮れていたので、消すことができなかった。

IMG_6371_1.jpg
私との距離は、約2~3mの距離で撮影できました。

画像を見ると、綺麗に撮れていたので、

何とか枝被りにならないように撮れないかと、

毛繕いをしている間に、

そっ!と動いて見ました。

IMG_6377.jpg
少し動いて撮って見ましたが、

駄目でした。

上手い具合に枝が被る場所に止ってます(;>_<;)ビェェン

IMG_6379.jpg
少しずつ移動しながら撮って見ると、

ここが一番いい場所でした。

これ以上動いて、飛んでしまっては元も子もない。

IMG_6383_201512021932483f1.jpg もう少し、この枝が何とかならないかと・・・。

IMG_6387.jpg
口ばしで羽を摘んでる様子です。

少し背伸びをして撮って見ると、

まぁ~

これでいいかなって納得することにしました。

IMG_6388.jpg
綺麗な鳴き声で鳴いてました。

IMG_6392.jpg
和名:シジュウカラ(四十雀)
英名:Great Tit
学名:Parus minor
全長は約14.5cm
鳥類スズメ目の科である。

今まで撮った中で、一番綺麗に、この日撮れたと思います。

IMG_6393.jpg
よく鳴きますね。

IMG_6416_1.jpg
しばらく、交互にヤマガラとシジュウカラを撮ってると、

左側に、何かが飛んできました。

そっと、左側を見ると「ジョウビタキ」で、

1mほどの距離の岩の上に止ってました。










  1. 2015/11/19(木) 12:40:36|
  2. シジュウカラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エナガ 2015年11月19日

中々、撮りたい小鳥さんと出会えなくて、ちょっと、違う場所を探してると常連さんの鳥友さんが来られました。
この辺りに出てるということで、一緒に探してると

いたぁっ!(^^_)ルン♪

パシャ!パシャ!!

あっという間に何処かへ行ってしまいました。
画像を見ると真っ黒でした(;>_<;)ビェェン
慣れている鳥友さんは、何とか撮れてました。

しばらく待ちましたが、姿を見せる気配がなくなり、周辺を歩いてると、エナガさんが集団で傍の枝に飛んできました。

IMG_6239.jpg
和名:エナガ(柄長)
英名:Long-tailed Tit
学名:Aegithalos caudatus
全長12.5-14.5 cm(スズメより小さい)
スズメ目エナガ科エナガ属に分類される鳥類の一種。

エナガさんは、枝から枝へ飛び回るので、

中々、上手く撮れません(;>_<;)ビェェン

葉の裏側に何かが居るのでしょうか?

IMG_6244.jpg
中々、こっちを向いてくれません。

お願い!

こっちを向いてっ!って願ってると、

IMG_6246.jpg
キャー可愛い♪♪

願いが叶ったのはいいのですが、

ボケボケです(;>_<;)ビェェン

最近、思うのですが一脚を買わないといけないようです。

公園内では、手持だとどうしてもぶれてしまいますね。

そりゃ、SS250で切ればあたり前ですね。

IMG_6248_201512021826129d5.jpg
下手くそ!

ブレブレです。

IMG_6253.jpg
不細工なエナガさんの姿です。

あっという間に何処かへ飛んで行きました。

もう何度も撮ってますが、

まだ、綺麗に撮れません(;>_<;)ビェェン









  1. 2015/11/19(木) 12:34:36|
  2. エナガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アトリ 2015年11月19日

この日、目的の小鳥さんが撮れなかったので、

いつものコースでも見て回ろうと向かってると、

アトリさんと出会いました。

IMG_6362.jpg
和名:アトリ(獦子鳥、花鶏)
英名:Brambling
学名:Fringilla montifringilla
全長:16cm
鳥綱スズメ目アトリ科アトリ属に分類される鳥類の一種。

あっという間に

何処かへ飛んで行ってしまいました。





  1. 2015/11/19(木) 11:35:36|
  2. アトリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウグイス?

公園内を鳥さんを探しながら歩いてると、

茂みの中をウロウロとしていた鳥さんが居ました。

鳥を撮り始めて、そろそろ1年になりますが、

まだまだ鳥さんの名前が分かりません。

もしかして「ウグイス」?でも、

鳴き声が「ホーホケキョ」とは違ってました。

IMG_6333.jpg
茂みの中に、

かわいい鳥さんを見つけました。

なんの鳥かな?って撮って来ました。

IMG_6335.jpg
枝から枝に、

ちょこちょこ動き回るので、

撮るのが難しかったです。

IMG_6338.jpg
いろいろな角度を撮って、

帰ってからネットで調べてみましたが、

分からなかった。

IMG_6342_20151202202029462.jpg
恥ずかしいのか?

茂みの中を行ったり来たりしてました。

IMG_6344_201512022024135b4.jpg
羽をバタバタと・・・。

まだ撮ったことのない鳥だったらと、

たくさん撮って来ました。

IMG_6345_20151202202413bd1.jpg
和名:ウグイス(鶯)
英名:Japanese Bush Warbler
学名:Cettia diphone
全長:14-15cm(スズメより少し小さい)
スズメ目ウグイス科ウグイス属の1種である。

やっと、茂みの中から出てきてくれて、

綺麗に撮ることができました。

これで、ネットで判別できるかな?

って、調べてみましたが、

名前が分からないままです。

IMG_6355.jpg
マニュアルで撮ってると慌てて、

露出オーバーになってしまいます。

IMG_6357.jpg
薄暗い中で、

SSを落として撮っていたので、

飛ぶ姿はブレブレです。

IMG_6358.jpg
ネットでいろいろと調べましたが、

名前が分かりませんでした。

どなたか、このブログを見られた方、

名前を教えてください。

よろしくお願いします。








  1. 2015/11/19(木) 11:08:02|
  2. ウグイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオジ 2015年11月19日

薄暗い公園内を歩いてると目の前に鳥が!

何の鳥だろうと撮って見ると真っ黒!

仕方がないので無謀な撮影で撮って来ました。

少し明かりがあれば荒も減少しだと思いますが、

殆ど暗闇での撮影でした。

証拠写真です。

SS:1/50 f5.6 ISO:12800
IMG_6289.jpg
和名:アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀)
英名:Black-faced Bunting
学名:Emberiza spodocephala
全長:14-16.5 cm
動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類。c

鳥のことが詳しくなかったので、

ネットで調べると「アオジ」かな?っと、

鳥仲間に聞いて見たるとやっぱりアオジでした。

でも、これってクロジじゃないかな?

IMG_6291_2015120122301678f.jpg
こんな狭い場所で、

ジッ!とキョロキョロしてました。

IMG_6294.jpg

IMG_6298.jpg

IMG_6301_1.jpg

IMG_6310.jpg

IMG_6316_1.jpg
今度は、明るい場所で綺麗に撮ってみたいです。






  1. 2015/11/19(木) 10:28:28|
  2. クロジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミサゴのホバリング

ミサゴは、鳥友が散歩している場所で観察をしてました。
その頃は、あまり興味も無かったのですが、
ある日、別の鳥友から両足に大きな魚を掴んで飛んでる姿の写真を見せられ、
その迫力に魅せられ撮りたい気持ちになりました。
私の知ってる場所は、かなり距離があって、私の持ってる機材では到底無理でした。

その鳥友が撮ってる写真を見ると、以前、私がミサゴを見かけた場所に似ていたので、
その場所へ行って見ると、三脚を立てて数人のカメラマンさんが居ました。

あまりの人の多さで撮るのを諦め、時期を見て再び2年越しで訪れると誰も居ませんでした。
そんな訳で、人が増える前にここで撮影することにしました。

※撮影場所の問い合わせにはお応えできませんのでご了承願います。
 見る人が見れば場所は特定できると思います。

IMG_3269_1.jpg
和名:ミサゴ(魚鷹)
英名:Osprey
学名:Pandion haliaetus
全長:54cm雄 64cm雌

ミサゴのホバリングの姿です。

やっと、撮れたミサゴのホバリングです。

カワセミのホバリングは、飽きるほど撮ってますが、

ミサゴのホバリングは、中々、撮れなくて迫力が違います。

迫力の違いは、個体の大きさもあるのでしょうね。

でも、カワセミのホバリングは、ミサゴにはない美しさがあります。

IMG_3270_1.jpg
約半月ほど通って、やっとホバリングが撮れました。

IMG_3271_1.jpg
ここで撮ってると、

ホバリングする姿は、何度と見ることができましたが、

距離があり過ぎて撮れないことが多いです。

今回は、かなりの至近距離で手が震えてしまいました。

IMG_3272_1.jpg
ホバリングをしながら獲物を探している姿は、

迫力があって感動します。

IMG_3273_1.jpg
でも、ホバリングは、中々、しないことが多いです。

大体は、旋回しながら、獲物目掛けてダイブすることが多いです。

IMG_1844_5.jpg
この後、獲物目掛けて急降下!

(o(^ー^)o)ワクワク

ドボォーン!と共に水飛沫が上がり、

大きなお魚をゲット!

その瞬間は、迫力があって感動してしまいます。

まだ、飛び込む瞬間の姿は追いきれなくて上手く撮れないことが多いです。

獲物のゲットした瞬間や飛び立つ姿は、時期が来て紹介していきます。






  1. 2015/11/19(木) 06:33:31|
  2. ミサゴ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワセミの様子

ちょっとだけ今年のカワセミを確認して来ました。
今年は、どういう訳か?カワセミが各地で繁殖し見られるようになってます。
この前は、空港内の川にもカワセミの姿やハスの花びらにもカワセミの姿がありました。
この日は、いつもの撮影場所へ様子を見に行ってきました。一週間前は、3匹が飛び込みの練習をしてました。
まだまだ、餌が上手く撮れなく、何度もダイブしてました。
悲しいことに、私が撮っていた綺麗なかわいいカワセミさんの姿はありませんでした。
この子は、求愛の後、バッタリと姿を見せなくなってしまいました。

ちょこっとだけ撮って来ました。
お見苦しいお写真でm(_ _)mさい。

IMG_2776.jpg
カワセミの♂です。

今年産まれた幼鳥です。

2週間前は、まだ、体が全体が黒ずんでました。

カワセミの様子を見てると、

ここで知り合いになった小父さんが来て、

あんた来るのが遅かったよ!って言われ、

1ヶ月前までは、3匹が飛び回ってたそうです。

この日も、2羽が元気に飛び回り、
IMG_2830.jpg
あわや、私が避けなければぶつかるところでした。

警戒心が無いのか?

私の目の前に止まり、しばらくマッタリとしてました。

この後、他のカワセミを確認しに行くと、

いつものカワセミさんの姿がありました。

こちらは、何故か?警戒心が強く、

人の姿が見えると、直ぐに飛んで行ってしまいます。

IMG_4869_1.jpg
たわいもない話をしている間にも、

何度もダイブして、

IMG_5070_3.jpg
獲物をゲットしてました。

まだまだ、撮影する時期が早いので、

しばらくは、そっと観察してみることにします。

今年も、いろいろな物語が撮れそうで楽しみです。

IMG_4986_1.jpg
何度かその姿を見たことがあるのですが、

カワセミさんの首がぐるっ!と後ろに回り、

私と目が合いました。

しばらく見つめ合い、狩を始めました。

この子も、私の存在感(1ヶ月通って)を覚えてくれました。

IMG_2774.jpg
別の場所のカワセミも確認して来ました。

こちらの体は、まだまだ黒ずんでました。

IMG_2775.jpg
枝に止まってマッタリとしてて、

毛繕いをしてました。

今年も、いろんな光景が撮れそうで楽しみです。






  1. 2015/11/18(水) 22:49:03|
  2. カワセミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミサゴの飛翔

ミサゴを撮ってると、時に真上を旋回することがあります。
余りにも近すぎて、レンズからはみ出してしまうほど大きく撮れてしまいます。

※後処理に失敗しました。
 面倒なのでこのまま紹介します。

IMG_5727_2.jpg
和名:ミサゴ(魚鷹)
英名:Osprey
学名:Pandion haliaetus
体長:54cm雄 64cm雌

この日、ミサゴがハチャメチャに上空を旋回して、

振り回されました。

IMG_5733_2.jpg
ミサゴがなに勝手に撮ってるんだ!

って、睨まれてしまいました。

ミサゴの飛翔姿は、

めちゃかっこいいです。

IMG_5749_1.jpg
ミサゴが見てるぅ~。

この鋭い爪で、大きな獲物をゲット!します。

IMG_5793_1.jpg
ホバリング姿です。

滅多なことではホバリングしている姿は見せないです。

IMG_5794_1.jpg
間近で見るホバリングは、

羽がバッサ!バッサ!!

っと聞こえてきそうなほど迫力があります。

IMG_5795_1.jpg
これまで、カワセミやヤマセミのホバリングも撮って来ましたが、

ミサゴのホバリングは、超迫力があります。

IMG_5796_1.jpg
残念!

お気に入りの獲物が見つからなかったのか?

またまた、上空を旋回です。

IMG_5798_2.jpg
真上をミサゴが旋回して行きます。

大きくジャンプ!したら、

手が届きそうなほどの間近だったので、

レンズからはみ出して追うのが大変でした。

IMG_5801_1.jpg
またまた、ミサゴが見てるぅ~。

(↓クリックすると、少し大きな画像で見れます。)
IMG_5806_3.jpg
首を傾げながら不思議そうに見てるぅ~。

ミサゴが、人を見てるのが分かりますね。

ケロッ!としたお目めがかわいいのですが、

口ばし、爪が鋭くやっぱり猛禽類ですね。

IMG_5818_1.jpg
この鋭い顔と眼光の姿、

頭の毛が逆立っていますね。

身震いがして、めちゃかっこいいです。

怖い!ほどの眼差しで獲物を見てました。

ミサゴは、旋回しながら獲物を見つけると、

くるっと向きを変えてターゲットに向かって、

急降下し水中へ飛び込みます。

その瞬間は、まだ、素早いので、

追えて撮る事ができてません(;>_<;)ビェェン

IMG_5903_1.jpg
この後、獲物に向かって急降下して行きました。

足を前へ向け、そして鋭い爪を広げて、

お魚目掛けてドボォーン!!!

凄い水飛沫を上げながら、

えっ!

獲物ゲット!ならず残念!

この後、大きなお魚をゲット!して、

何処かへ飛んで行きました。





  1. 2015/11/16(月) 10:54:18|
  2. ミサゴ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那珂川町 裂田溝ライトアップ(裂田溝公園編) 2015

裂田神社から紙の灯篭が灯す、道、水路を辿って行くと裂田溝公園へ着きました。
裂田溝ライトアップでは、ここがメイン会場のようです。
たくさんの紙の灯篭が飾られ、ここで、紙袋の灯篭を作るワークショップもあって、子供たちが思い思いに楽しそうに作ってました。
また、四季折々の奏でる光の照明もあって楽しい時間を過ごすことができました。

IMG_5513.jpg
竹で作ったオブジェに神功皇后の御立石です。

ここで記念撮影ができるのかな?

神功皇后の御立石(別名ツキガタ石)
 
かつてはこの場所から離れた水田の中に埋まっていましたが、地元の有志が引き上げ、
畦の上に安置されていました。現在は、この公園内に移設されています。

神功皇后御立石の説明を撮り忘れた。

IMG_5590.jpg
夢?

子どもたちの夢??

IMG_5592_2015112915222325d.jpg
竹細工に作られた棚?には、

紙袋の灯篭がギッシリと……。

子どもたちが描いた絵やメッセージが書いてありました。

IMG_5584.jpg
紙袋の灯篭には、

子供たちが描いたかわいい絵が描かれ、

IMG_5573_1.jpg

寒かったのですがその絵を見てると、ほっこりとしてしまいますね。

IMG_5589_1.jpg

IMG_5506.jpg
ワークショップでは、

たくさんの子供たちが紙袋の灯篭に、

絵やメッセージを書いてました。

IMG_5507.jpg
小さいお子さんは、

ママに手伝ってもらいながら完成。

IMG_5510.jpg
紙袋の中にローソクが入れられ、

火が灯り、描いたドラえもんやお魚さんの絵が浮かび上がりました。

とってもかわいい絵でした。

どんな夢を想像しながら描いたのでしょうね。

子供が灯篭を覗く姿が、なんとも言えない素敵な光景でした。

IMG_5496.jpg
紙袋で作った大きなハート。

中には、那と南の灯篭の文字が……。

那珂川南中の作成した灯篭でしょうか?

IMG_5569_1.jpg
自分たちの灯篭を探してるようでした。

IMG_5533.jpg
私と三脚のシルエットです。

私は、この光のショーが気になり、

いつの前にか光を追って必死で撮ってました。

が、動き回るので上手く撮れなかった(;>_<;)ビェェン

IMG_5535_1.jpg
多分ですが、

四季折々の光とBGMが流れてたと思います。

聞いてくるべきでした。

IMG_5529.jpg
竹細工で作られた棚には、

たくさんの灯篭が並んでました。

IMG_5501.jpg

IMG_5527.jpg

IMG_5518.jpg

IMG_5521.jpg
ざっとメイン会場の様子を撮って来ました。

時計を見ると、既に21時近くでした。

裂田溝公園の全貌と伏見神社へは間に合いませんでした。











  1. 2015/11/15(日) 20:01:36|
  2. イベント・祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那珂川町 裂田溝ライトアップ(裂田神社編) 2015

この日は、私が育った町、那珂川町の「裂田溝ライトアップ」へ訪れてみました。
カワセミ公園から裂田神社までの紙の灯篭を楽しみながら裂田神社へと着きました。
折角なので裂田神社でお参りをして来ました。

裂田溝ライトアップ

とき / 11月15日(日) 17:00~21:00
ところ / 裂田溝(山田区伏見神社~安徳区裂田神社)
料金 / 無料
点灯式 / 17:00~ 裂田溝公園

IMG_5453_20151129090345492.jpg
裂田神社の傍には柿の木があり、

橋を渡ると裂田神社の鳥居の前に出ます。

ここは、人が多くて上手く撮れなかった。

IMG_5466_20151129090340ba7.jpg
裂田神社正面から見た神社の様子です。

裂田神社

裂田神社は安徳、宇竜頭にある。

裂田の溝を記念して神功皇后を祀ってある。
朱塗りの拝殿は間三間、入二間、絵馬がところせましと奉納され、その奥に神殿がある。

神殿の扉には菊花の紋章がある。境内には明治39年の鳥居をはじめ、こまいぬ、注連掛石などが、
杉の老木や古株と並び、裂田の溝が周りをめぐっている。
例祭は11月28日で、氏子の人たちが集まって火たきごもりをする。
(社)つくし青年会議所

闇夜に照らされた赤い鳥は、

昼間見る鳥居とは違って幻想的でした。

何でも、神社のかつての朱塗りを再現するため、

鳥居を朱色にライトアップしたそうです。

ただ、境内のライトアップの位置が悪くて、

ちょうど目の位置に当たり眩しくて仕方がなかった。

もう少し、その辺りを考えて設置して欲しいと思いました。

2010_12040028-fc797.jpg
昼間の裂田神社の様子です。

鳥居も朱ではなく普通の鳥居です。

裂田の溝(さくたのうなで)

この神社の後に流れているのが日本書紀に書かれている裂田の溝です。

山田の一ノ井堰から取水し、山田をはじめ、流域の六集落の田地をうるおしてきた重要な人工の用水路で、
日本書紀には「・・・溝を掘っていると、大岩に突き当たり、それ以上進めなくなった。
そこで、神に祈ったところ、雷が落ち、その大岩が裂けて水を通すことができた・・・」と書かれ、
それがこの溝の名前の由来にもなっています。我が国で一番古い歴史書に書かれ、
現在まで使われ続けている溝は全面でも珍しく貴重な遺跡といえます。

これより下流には、当時とあまり変わっていない所がいくつかあり、
はるか古代の大がかりな工事を想像できるのではないでしょうか。」
(那珂川町委員会)

IMG_5479.jpg
境内にも、竹の筒で作った灯篭がありました。

ただ、照明の位置が悪い!

人の目線に照明が当たり、眩しくてたまらなかった。

私もいろいろなライトアップを見に行ってますが、

何も考えないで、ただ照明を当ててる感じです。

もう少し、照明の当て方、位置を考えて設置して欲しいと思いました。

境内は、参拝者が多かったので、

撮影は迷惑になりそうだったので、これ一枚です。

本当は、竹の筒の灯篭が綺麗だったので撮りたかったです。

IMG_5491.jpg
境内から望む水路と遊歩道を照らす紙の灯篭の様子です。

ここから見る光景も良かった。

何も下調べをしてこなかったので、

この他にも、ライトアップされてる場所があるか

境内で監視している委員の方々に声を掛け、

裂田溝公園へ向かうことにしました。

ここから歩いて約700mの場所です。

そこまでの道沿いや水路にも紙の灯篭が灯してました。







那珂川町 裂田溝ライトアップ(裂田溝公園編) 2015へつづく・・・。








  1. 2015/11/15(日) 19:35:28|
  2. イベント・祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那珂川町 裂田溝ライトアップ 2015

那珂川町に住んで数十年。
今年は、私が育った町のお祭り行事を紹介して見ようと思い、「花火大会」、「夏越祭」、「流鏑馬」、最後は「裂田溝ライトアップ」へ行って来ました。
16日行われる「竹の里フェスタin那珂川」の前夜祭も行きたかったのですが、天候が悪くて行かなかった。

以前、私が散策した裂田溝コースを紹介します。
何かの参考になれば嬉しいです。
裂田溝コースを散策←クリックしてね。

裂田溝ライトアップ

とき / 11月15日(日) 17:00~21:00
ところ / 裂田溝(山田区伏見神社~安徳区裂田神社)
料金 / 無料
点灯式 / 17:00~ 裂田溝公園

IMG_5349.jpg
カワセミ公園から裂田神社へ向かって見て回ることにしました。

前準備が悪いのか?

私が着いて直ぐに、照明が消えたり点いたりてました。

原因は、発電機が上手く動かなかったようです。

しばらく待ってましたが、だらだらと対応していたので、

諦めて前へ進みました。

もう一つ、カワセミ公園のトイレの電気も点かなくて、

訪れてる方々が困ってました。

この辺りの事前のチェックなどはしていなかったのでしょうか?

折角楽しみに来たのですが残念です。

IMG_5372.jpg
ライトアップの照明点灯を待ってると、

とうとう三日月が見えなくなってしまいました(;>_<;)ビェェン

真っ暗!

ここもライトアップされてる場所なんですが、

発電機が止められてました。

実行委員の方々は、

何時からライトアップを開始するのかを知らなかったのでしょうか?

もうめちゃくちゃなイベントです。

以前は、赤や緑のライトアップで綺麗でしたが、

この年は、ただライトを当ててるだけで、しょぼい感じでした。

IMG_5361.jpg
遊歩道に照らされた紙の灯篭を見ると、

子供たちのメッセージや絵が描かれてました。

ここも真っ暗だったので、次へ進みました。

思った以上に、訪れる人が多くてびっくりでした。

※実際は、真っ暗でたくさんの人が行き来してました。

IMG_5375.jpg
髪の灯篭に照らされた遊歩道を歩いてると、

ここが何となく良さそうな場所だったので撮ってみることに。

この辺りは、民家も少なく、満点の星空が望めそうです。

※実際は、真っ暗でたくさんの人が行き来してました。

IMG_5388.jpg
ここで撮ってると、女子学生が、

見て!見て!!

きれぇ~い!って私が撮ってる画像を見て、

ここで撮影してました。

私も一眼買おうかな?って……。

行き交う方々も、

ここ綺麗ねぇ~って撮影されてました。

最近のスマホは、コンデジ以上に綺麗に撮れますね。

写真には写っていませんが、

たくさんの人が行き来してます。

IMG_5391_20151127090337735.jpg
何とか三日月も絡めて撮れました。

くっきり三日月を撮りたかったのですが、

私の腕では、これが精一杯でした。

下手くそですね。

でも、私が思ってる光景が撮れただけでも良かったです。

しいて言えば、水路側にも灯篭があると、

水面が輝いて、より一層な光の光景があったのではないかな?

っと思います。

IMG_5393.jpg
ラッキーなことに、いい感じの雲までが!

うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪

写真はともかく、本当に神秘的で綺麗でした。

こんなに星空が見える場所は、限られていると思います。

それだけ、那珂川は空気が澄み、自然豊かな町だと思います。

こうした自然を未来に残せるといいですね。

お見苦しい写真ですが伝わるといいなぁー。

IMG_5397_20151127090431829.jpg
本当は、もっと綺麗に撮りたかったのですが、

人の多さ、特に懐中電灯、実行委員の方が腕に巻かれたチカチカ赤く点灯してる物が、

どうしても写ってしまって、途中で諦めて、パパパッ!と撮って来ました。

IMG_5403.jpg
小さな町のイベントだったので、

人は少ないだろうと、たかをくくってました。

この辺りも真っ暗なので、

樹木などにライトアップしていれば、

もっと、明るく幻想的な光景だと思った。

折角、いい企画をしているのに工夫が足りないと思った。

IMG_5407.jpg
来た方角の灯篭の様子です。

本当は、真っ暗です。

IMG_5410.jpg
奥に見える光の場所は「裂田神社」です。

IMG_5409_20151127090845262.jpg

IMG_5424.jpg
ここからのライトアップも、

うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪でした。

でも、歩いてる住民の方が、去年の方が綺麗だったとがっかりされて、

帰られてました。

私も、その写真を見てきたのでうんうんと納得。

IMG_5432.jpg
それにしても、このイベントは、

いつから始まってたのでしょうね。

IMG_5439.jpg
う~ん、

左の外灯が邪魔で上手く撮れなかった(;>_<;)ビェェン

本当だったら、

裂田神社の鳥居がライトアップで赤く染まり綺麗でした。

それを上手く表現できませんでした。

その原因は、なんと!

いつの間にかレンズが白く曇ってました。

寒いなぁ~って感じてました。

IMG_5444_201511270913424bd.jpg
こんな感じで、三日月も出てました。

お星様も撮ってみようかな?って試しましたが、

テントの明かりが明るすぎたので上手く撮れませんでした。




那珂川町 裂田溝ライトアップ(裂田神社編)へつづく・・・。






  1. 2015/11/15(日) 17:46:34|
  2. イベント・祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソシギの飛翔

いつもの場所で、ミサゴさんを撮ってると、
いつものようにイソシギさんの姿が!

この日は2羽で飛び回ってました。
既に時刻も遅く薄暗い時間帯でした。

IMG_5237_1.jpg
和名:イソシギ(磯鷸)
英名:common sandpiper
学名:Actitis hypoleucos
全長:20cm。翼長29cm。翼開張38-41cm
チドリ目シギ科に分類される鳥類。

一羽が飛び、

それを追いかけるように、
IMG_5238_1.jpg
2羽目が飛んで行きました。

羽を広げると綺麗でした。

IMG_5239_1.jpg
イソシギさんではないのですが、

地味な鳥さんも、

羽を広げると綺麗な模様をしてますね。







  1. 2015/11/12(木) 16:07:32|
  2. イソシギ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太宰府 観世音寺のコスモス畑2015

ちょっと側を通ったので観世音寺のコスモス畑を下見してきました。
まだ、ちょっと見頃が早く、今年は、整備が悪いのかコスモスの周りに雑草がたくさん生い茂ってました。
それに天気も生憎の曇り空で、コスモスが暗くて映えませんでした。
苦手なコスモスをざっと撮って帰りました。
昨年のコスモス畑です。
http://masat5.blog.so-net.ne.jp/2014-11-08

IMG_2700.jpg

残念!

この日は、生憎の曇り空で、

折角のコスモスも映えなくて真っ黒(;>_<;)ビェェン

IMG_2706.jpg
コスモスって、かわいいお花ですよね。

この日、たくさんの花見客で振るわってました。

IMG_2716.jpg
暗くてISOを上げての撮影でした。

ISOを上げると、後の処理が難しいですね。

この日は、標準レンズを持ってきていなかったので、

望遠レンズでの撮影でした。

かなり離れての撮影になって、アップでの撮影ができなかった。

IMG_2719.jpg
最近、コスモスの花びらを裏側から撮るようになりました。

花びらのスジが上手く撮れなかった。

コスモスを撮ってると、小母さんに声を掛けられ、

今年のコスモスは綺麗じゃないねって言われました。

いつもは、雑草などが綺麗に刈られて綺麗なコスモス畑なのですが、

今年は、雑草が生い茂り、あまり綺麗でありませんでした。

これだと、水城跡のコスモス畑の方が綺麗でした。

夕焼けと撮ると、コスモスが赤く染まり綺麗です。

IMG_2721.jpg
コスモスを撮ってると、

やっとハチ君に出会いました。

ハチ君がコスモスに止まった瞬間、

花粉がふわっ!と飛び散りました。

IMG_2723.jpg
コスモスには、ハチ君やアゲハ蝶が似合いますが、

ここ数年、アゲハチョウの姿が見られなくなりました。

IMG_2724.jpg

IMG_2730.jpg
この日は、私の大好きな花びらが見つかりませんでした。

コスモスを撮ってると、

辺りから、誰かコスモスと撮ってくれないかなぁ~

今年一度でいいので撮ってくれないかなぁ~って聞こえてきました。

傍にいた小母さんが聞こえるように言ってました。

誰に言ってるんだろうかと辺りを見渡すと、私だけでした。

撮ってあげたいのですが、私も上手く撮れないので、声を掛けなかったのですが、

げっ!

目と目が合って、仕方がなく撮りましょうか?って声を掛けました。

IMG_2738.jpg
う~ん、日差しが欲しいです(;>_<;)ビェェン

IMG_2740.jpg
日差しが差してたら綺麗なんですよね。

IMG_2741_2.jpg
ISOを上げても、全然映えません(;>_<;)ビェェン

IMG_2743.jpg

IMG_2745.jpg
この日は、一日曇り空で、

コスモスも暗く写り残念でした。

見頃の時期は、もう少し先なので、

もう一度、訪れてみようと思います。






  1. 2015/11/09(月) 23:40:26|
  2. お花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡空港 大韓空港 B747-400 (HL7490)

この日、ちょっと別な場所からジャンボの姿を撮りたくて、空港からかなり離れた場所から撮って見ました。
ここから旋回していくジャンボの姿は、子供の頃よく見てました。運よく、着陸はRWY34側からだったのでラッキーでした。

キターーー!

IMG_4143.jpg 大韓航空 - Korean Air [KE/KAL]
Boeing 747-400(HL7490)

やっぱ!ジャンボの存在感って凄すぎです。

こんなに距離が離れてても、ジャンボは巨大で迫力があります。

でも、残念!

緊張してピンが甘い(;>_<;)ビェェン

IMG_4144.jpg
ここから旋回して行く姿もいいですね。

いつも空港付近で撮ってるので旋回する姿はあまり撮ってませんでした。

IMG_4148.jpg
う~ん、雲が邪魔!

IMG_4153.jpg

IMG_4158.jpg

IMG_4165.jpg
乗ってると感じないのですが、

旋回時は、ここまで機体が傾いてるんですね。

IMG_4172.jpg
それにしても迫力があります。

他の飛行機も当然ながらここを通ってますが、

小さくて撮る気がおきません。

IMG_4176.jpg

IMG_4182.jpg

IMG_4185.jpg
こんなに機体が傾いてます。

IMG_4192.jpg
残念!

この日は、PM2.5もあって視程が悪く霞んでしまいました。

IMG_4208.jpg
ジャンボは、機体が大きいので、

ここまで、旋回して空港へ着陸していきます。

IMG_4213_20151110185751598.jpg
山肌でモヤモヤっ!と

IMG_4224.jpg
ここから撮れるチャンスは、滅多にないと思います。

IMG_4268.jpg
全日空 - All Nippon Airways [NH/ANA]
Boeing 777-200(JA711A)

おまけです。

私の大好きなSTAR ALLIANCEの塗装機です。

IMG_4279.jpg
シンプルで綺麗な機体だと思います。

IMG_4284.jpg
何とか、ここからジャンボが撮れて良かったです(^^_)ルン♪。

後、どれ位国内でジャンボを撮る事ができるんでしょうね。










  1. 2015/11/08(日) 20:07:57|
  2. 福岡空港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和白干潟 カワウ対カラス

クロツラヘラサギを撮ってると、今度はカワウにカラスがちょっかいを!
さっきまではクロツラヘラサギにちょっかいを出してましたが、大きすぎたのか?
今度は、カワウにちょっかいを出し始めバトルが見れるかと眺めました。

IMG_4585.jpg
カワウの傍にカラスが飛んできました。

IMG_4586.jpg
カワウも向きを変えて、

戦闘態勢?

IMG_4588.jpg
カワウが大きく羽を広げ、

IMG_4589.jpg
バトルが始まるかと思って眺めてると、

IMG_4590.jpg
カワウは、何処かへ飛んで行きました。

賢いですね。

カラスを相手にしてると、いつまでもちょっかいを出してくるので、

懸命な選択ですね。










  1. 2015/11/07(土) 14:32:55|
  2. カワウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

まぁちゃん

Author:まぁちゃん
車で友達とドライブ!各地のイベントに観光スポットに温泉へ出かけたりと、暇と時間があればどこかへ出かけ、楽しんでいます。

※秘密の場所や作品などは紹介していません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気ままな車内泊一人旅

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる