気ままな車内泊一人旅

観光地や出会った素敵な風景を紹介しています。

コゲラ

周辺を散策してると、「ギィー」というような鳴き声と
木を突いている音が聞こえてきました。

コゲラさんですね。

いつも、コツコツと木を突いて餌を探していますね。

IMG_5629.jpg
可愛い~~!!

コゲラさんを撮る方は少ないのですが、

私は大好きです。

IMG_5631.jpg
最近は、

後頭部の後頭部の赤い斑を撮りたくて、

見つけると撮ってますが、

なかなか見ることができません。

IMG_5632.jpg
コゲラさんって、

よく見るとかわいい鳥さんです。

IMG_5633_201604300252101bd.jpg
ふとっ!

最近思うのですが、

コゲラさんの嘴って、

どんだけ硬いのでしょうね。






スポンサーサイト
  1. 2016/04/30(土) 02:53:16|
  2. コゲラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エナガ

なかなかベニマシコが出ません。
暇だったので周辺を鳥さんを探しながら
散策してるとエナガさんと出会いました。

IMG_5638.jpg
ちょっと怖い顔で・・・。

昨年は、出会う機会が少なかったのですが、

エナガさんを観察してると行動パターンが分かり、

今年は、よく出会うことができました。

IMG_5639.jpg
枝をちょこちょことすばしっこく

撮るのが大変です。

IMG_5640_20160430024853a7c.jpg
めっちゃ可愛いい~~!!

どうしてこんなに可愛い♡のでしょうね。

IMG_5642.jpg
小さなお顔

体も小さい割りに尾っぽが長いです。

その姿はいつ見ても、

可愛いい~~!!ので、

どうしても撮ってしまいます。






  1. 2016/04/30(土) 02:49:58|
  2. エナガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョウビタキ

ベニマシコを待ってると、
何かがチョロチョロとしてました。

なんだろうなぁーって探してみると、
ジョウビタキでした。

どうも、この場所での主のようです。

私たちがベニマシコをまだか!まだか!!

っと待ちくたびれてると、

この子がなぜか?
傍でチョロチョロと気を引きます。
なので撮ってあげました。

IMG_5666.jpg
和名:ジョウビタキ(尉鶲、常鶲)
英名:Daurian Redstart
学名:Phoenicurus auroreus
全長:14cm
スズメ目・ツグミ科(ヒタキ科)に分類される小鳥。

ちょっと色味が悪いですね。

しばらくジッとしてましたが、
IMG_5667_20160430024516bd8.jpg
実を食べ始めました。

一粒だけ食べて、
IMG_5669.jpg
また、ジッとしてました。

めっちゃ可愛いい~~!!ので、

撮ってしまいます。

この先、ベニマシコを撮りに行くと、

いつも、この子が出てきて、

私たちの傍でチョロチョロします。







  1. 2016/04/30(土) 02:46:51|
  2. ジョウビタキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤマホウジロ

今年は、是が非でもベニマシコを大きく撮りたくて、
早めにベニマシコが出没する場所へ行きました。

が!

今年はどうも全般は出が悪く数も少ないようです。
あまりにも暇だったので、散歩がてらに周辺を散策。

すると、たくさんのカメラマンの姿が!
何を撮ってるんだろうと、遠目に双眼鏡で覗くと、
ミヤマホウジロさんでした。

あまりにも人の多さ、近すぎ過ぎてミヤマホウジロさんも
警戒して前に出てこない。

結局、どんどん奥の暗い茂みに飛んで行き出てこなくなった。

ジッ!と待ってれば近くに出てくるんだけどね。
IMG_2024_201604292359379e9.jpg
和名:ミヤマホオジロ(深山頬白)
英名:Emberiza elegans
学名:Yellow-throated Bunting
全長:16cm/22cm
スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種。

ミヤマホウジロの♂です。

やっと至近距離で撮ることができました。

昨年は、なかなか撮らせてくれませんでした。

頭の冠羽があってとってもかっこいい鳥さんです。

IMG_2038_1_20160429235934401.jpg
ミヤマホウジロの♀です。

この子、お目目が女の子っぽくって

めっちゃ可愛いい~~!!

ミヤマホウジロの♀って、

こんなに優しい目をしてるのでしょうか?

♀は、なかなか数が少なくて、

これ一枚のみでした。



鳥さんって♀の方が地味なんですよね。

それに、ミヤマホウジロは、♂の方がサービスがいいようです。

しばらく撮ってると、

また、人が集まりだし、奥へと飛んでいって、

遠くでウロウロしてました。








  1. 2016/04/30(土) 01:48:45|
  2. ミヤマホウジロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モズ

結局、私はカシラダカを撮れずじまいでした。
鳥友さんは撮れてo(^o^)oウキウキ気分です。

そんな時、うるさく鳴くモズさんの姿が!
IMG_1632_1.jpg
ちょっとだけの紅葉とモズの姿です。

IMG_1636_1.jpg
けたたましく鳴くくせに、

近づくと飛んで行きますね。

IMG_1668_1.jpg
そんなに遠くまで、

逃げなくてもいいのにね!





  1. 2016/04/30(土) 01:47:10|
  2. モズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオジ

周辺をウロウロとしてると、
鳥友さんからメールが!

どこどこの公園に「カシラダカ」出てる
行くかい?ってなことで連れて行ってもらいました。

が、茂みだらけの場所で見ただけでした。

ミヤマホウジロとカシラダカにアオジさんが居て、
私が撮ったのはミヤマホウジロさんでした。

警戒心が強く、茂みの中にサッ!と隠れてしまいます。

しばらく茂みの周辺を探してると、
アオジさんが寂しそうにふけってる姿が!
IMG_1708_1_20160430012446722.jpg
ジッ!とうつむき加減の姿勢です。

どうしたんでしょうね。

IMG_1711_1.jpg
私がこんなに傍によっても、

IMG_1717_1.jpg
動こうとしません。

どうしたんでしょうね。

恋の悩み?

それろも失恋?

ポカポカ日和だったので、

(_ _).。o○かったのでしょうか?

かわいいアオジさんの様子でした。






  1. 2016/04/30(土) 01:46:17|
  2. アオジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤマホオジロ

この日のベニマシコは、向かい側の斜面でウロウロ。
まったくこちら側には近寄ってこない。

仕方がないので、周辺を別の鳥を探しに気分転換に・・・。

すると、道の真ん中辺りので小鳥さんがちょろちょろする姿が!

なんだろうなぁって眺めてると、

明るい場所へ出てきました。

ミヤマホウジロさんでした。
IMG_1384_1.jpg
もっと近くで撮りたいなぁ~って、

いつもの様に知らん顔で少しずつ近づいていくと、

IMG_1459_1.jpg
かなり近くで撮らせてくれました。

IMG_1466_1_2016043000220773e.jpg
よく見ると何か口に銜えて食べてました。

IMG_1473_1.jpg
道端に何か落ちてるものを、

ちょこちょこと動き回り食べてました。

IMG_1482_1.jpg


IMG_1497_1.jpg
さらに間合をつめてると、

げっ!

見つかっちゃった!

しばらくこちらの様子を見てました。

こちらもジッとカメラを向けたままにらめっこです。

安心したのか?

口に銜えてたものを食べ始めました。

なんだかミヤマホウジロさんと、

「だるまさんがころんだ」をしてるようでした(^o^)ハハハ

IMG_1514_1.jpg
今度はミヤマホウジロさんが、

どんどん近づいてきました。

距離が近すぎてピントが合わず、

今度は、こちらがそっと後ずさる羽目に・・・。

IMG_1517_1_20160430004825036.jpg
今度は、かなり至近距離だったので、

口に銜えたものが見えました。

でも、何なのか分からなかった。

IMG_1519_1.jpg
また、こちらを気にして、

ジッと凝視してました。

ぞの距離は数メートルです。

緊張しっぱなしです。

IMG_1521_1_20160430005733f73.jpg
口に挟んでる様子が撮れました(^^_)ルン♪

もう、めちゃくちゃ可愛い~~!!です。

IMG_1524_1_20160430005728301.jpg
私の存在を無視してるのか?

IMG_1527_1.jpg
私の前で食べてました。

それにしても、

ずっと体がぷくっ~て膨らんだままでした。

その姿が、

めっちゃ可愛いい~~!!でした。

IMG_1537_1.jpg
あまりにも距離が近すぎて、

この状況が続き、

動けなくて困ってると、

向こう側から人が近寄ってこられ、

茂みへと飛んで行きました。
IMG_1539_1.jpg
近くに寄って来られ、

撮れるのはいいのですが、

その状態が長く続くと動けなくて、

困ってしまうことがあります。

今回は、かなり近くで撮れたので良かったです(^^_)ルン♪。

ありがとうの感謝の気持ちを忘れずにね。







  1. 2016/04/30(土) 01:45:39|
  2. ミヤマホウジロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤマホウジロ

在庫より。

昨年、ある公園で初めてミヤマホウジロを見て、
何度か撮りに出かけたのですが、
時期が遅かったのか?
出会うことが2度となかった。

その時、撮ったのは撮ったのですが、
豆粒ほどの大きさでした。

今年は、何とか大きく撮りたいと思ってました。

IMG_1921_1.jpg
和名:ミヤマホウジロ(深山頬白)
英名:Yellow-throated bunting
学名:Emberiza elegans
全長:約16cm、翼開長が約21cm。
スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種。

ミヤマホウジロの♂です。

ベニマシコが出没する場所から、

少し行った場所にミヤマホウジロが集まる場所があります。

この日は、三脚をたててたくさん撮られてました。

近くで撮りたいのか?

どんどん近づいていくもんだから、

どんどんミヤマホウジロも奥の方へ遠ざかり、、

逃げて飛んでいく始末。

それじゃ!

ミヤマホウジロも落ち着けなくて、

警戒して傍に出てこないと思い、

後から撮影することにしました。

IMG_19244_1.jpg
ミヤマホウジロが出没する場所へ、

行って見ると、まだ、集まってなかった。

いづれ集まってくるだろうと、

そこでジッ!と待つことにしました。

案の定、ミヤマホウジロが集まってきて、

かなりの至近距離で撮ることができました。

私の短いレンズだと、

鳥さんとの距離、間合をどれだけ縮められるかによって、

どれだけ大きく撮れるかが左右されます。

なので、人が多く集まったり、

人が多い場所ではあまり撮らない事にしています。
(公園では別です。)

IMG_1928_1.jpg
人が少ないので、

ミヤマホウジロも安心して、

ジッ!と枝にとまりマッタリとしてました。

IMG_1931_1.jpg
初めてミヤマホウジロを見た時は、

かっこいい!!っと見とれてしまいました。

こんな綺麗な鳥さんがいるんだ!ってね。

それからだんだんと他の鳥も撮るようになりました。

IMG_1937_1.jpg

IMG_1936_1.jpg
ミヤマホウジロの目の周りが黒いので、

目の周りが真っ黒!

IMG_1940_1.jpg
何度も撮ってみましたが、

真っ黒!

難しいです。

IMG_1986_1.jpg

何か?食べ物を見つけたようです。
IMG_1972.jpg よく見ると、実?

何か種のようなものを銜えてました。

IMG_1976.jpg

IMG_1992.jpg
ちょっと間抜けな顔のミヤマホウジロさんです。

たまに変な顔で写ってしまうことがありますね。

IMG_1993.jpg
正面から撮ると、

目が真っ黒!

IMG_1996_1.jpg
何とかこの日、綺麗に撮れた一枚でした。

頭の冠羽もピンと立ってていい感じで撮れました(^^_)ルン♪

その後、人が集まって来て、

だんだんとミヤマホウジロも警戒し、

散らばって奥へと逃げて行ってしまいました。

IMG_1997_1.jpg
上手く撮れてませんが、

飛び立つ瞬間です。

連射で撮ってると偶然撮れてる事がありますね。

この瞬間を、狙って撮れる様になりたいですね。

今年は、ミヤマホウジロがたくさん撮れたので良かったです。






  1. 2016/04/26(火) 05:49:40|
  2. ミヤマホウジロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エナガ

在庫より。

この日、現地でどこどこにベニマシコが出てたよ!

っと小耳に挟み、そこへ向かってると、
IMG_1897_1.jpg
私の大好きなエナガさんが飛んできました。

最近は、木や枝の多い場所で姿が見えなくても

エナガさんが居ることが分かるようになりました。

IMG_1899_1.jpg
食べ物が無いのか?

木の実を、いろいろな鳥さんが食べに来てました。

IMG_1902_1.jpg
エナガさんって。

いつ見ても。

可愛い~~!!

IMG_1904_1.jpg
普段は、ちょこちょこと枝を飛び回り、

撮りにくいですね。






  1. 2016/04/26(火) 04:43:32|
  2. エナガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シジュウカラ

在庫より。

昨年、ベニマシコという綺麗な鳥さんを知り、
初めて撮りに行きました。

既に、皆さんが撮り終えた後だったこともあって、
数も少なく人も少なかったので気遣うこともなく、
のんびりと撮ることができました。

私は、どちらかというと一人で気ままにのんびりと
撮りたい方なのであまり鳥友さんとは情報交換は
していません。
って言うか、情報を持っていないので(^o^)ハハハ

なので、いつも人より遅れて撮ることになります。

今回は、昨年のデータを基に早めに行ってみましたが、
この日は、出が悪く数も少なくてなかなか出会うことができませんでした。

IMG_1887.jpg
折角ここまで来たので、

何か居ないかなぁ~って

いつものコースをぶらぶらと・・・。

シジュウカラさんが実を噛み砕いてました。

IMG_1888.jpg
この日も、数人の鳥友さんがいましたので、

その方々が話している内容が、

私の情報源です。

盗み聞きしてるわけではありません。

鳥の話をしていると、

どこどこで出てたよ!!!

何かが居たよ!撮って来たよ!!

などなどが話に出てきます。

それで十分だと思っています。

IMG_1889.jpg
実が散らばってました。

まだ、こんな光景を撮っていなかったので、

撮れて良かったです(^^_)ルン♪


IMG_1891.jpg

IMG_1893.jpg






  1. 2016/04/26(火) 04:41:51|
  2. シジュウカラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオジ

この日、

なんと!

幸運にも撮りたかった”イカル”さんにも出会え、

ちょっとルンルン気分で帰ろうとして、

ちょっと公園内の外にも何か居ないかな?って見て回ってると、

また、いつもの場所にアオジさんが居ました。
IMG_1596_1_1.jpg
このアオジさん、人馴れしているのか?

傍に近寄っても逃げようともしません。

IMG_1601_1_1.jpg
ほんの数mの距離で、

私を無視して餌を探し食べてました。

IMG_1610_1_1.jpg

IMG_1614_1_1.jpg

IMG_1615_1_1.jpg
いつものように、

ちょっとづつ距離が近まってきます。

アオジさんも人に興味があるのかな?

そんな風にも思えアオジさんを撮ってあげてます。

いつまで居てくれるかな?

IMG_1617_1_1.jpg

IMG_1624_1_1.jpg
何の実かは分かりませんが、

真ん丸い物を口に銜えて、

私に、見せているかのようでした。

かわいいアオジさんです(^^_)ルン♪。






  1. 2016/04/24(日) 22:44:54|
  2. アオジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅とメジロ

梅を眺めながら、

何のたわいのないお話をしながら、

この日は、のんびりと・・・。

ヒヨドリやシジュウガラ、

そしてメジロさんが行き交わしてました。

ヒヨドリさんの梅の光景もいいが、

やっぱり、梅はメジロさんがお似合いですね。
IMG_1510_1.jpg
今年は、たくさんメジロさんに撮らせてもらったので、

ちょっと、飽きてしまったとこもあって、
IMG_1511_1.jpg
この日は、あまりシャッターを切らなかった。

IMG_1515_1.jpg

IMG_1516_1.jpg

IMG_1517_1.jpg
夜勤明けだったこともあり、

このポカポカ日和は、

(_ _).。o○が襲ってきますね。

本当に気持ちの良い日でした。






  1. 2016/04/24(日) 22:33:04|
  2. メジロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅とヒヨドリ

在庫より。

この時期、どうしてもイカルさんを撮りたくて、
いつもの公園へ行って来ました。

この時期は、鳥の出が悪いのか?
鳥を撮りに来られている方は少ないようです。

いつものコースを回ってると常連さんたちが、
座って会話をしながら小鳥さんを撮ってました。

この時期は、梅の季節です。
梅の木には、メジロ、ヒヨドリさんが蜜を吸いに・・・。
IMG_1501_1_20160424043156297.jpg
和名:ヒヨドリ(鵯)
英名:Brown-eared Bulbul
学名:Hypsipetes amaurotis
全長は約27.5cm
スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属に分類される鳥類。

普段のヒヨドリさんは煙たがれますが、

この時期はちょっと違いますね。

本当は、椿と絡めて撮りたかったのですが、

梅とヒヨドリもいいものですね。


IMG_1502_1.jpg

IMG_1503_1.jpg

IMG_1521_1.jpg
背景が青く、

撮ってみるとなんとなく良かった。
 IMG_1524_1.jpg
日本には四季というものがあって、

季節感を味わうことができるのがいいですね。

梅が終わると桜!

ピカピカのランドセルをからった新一年生や

新成人などいろいろな行事がありますね。

その頃になると、

もう、春なんだなぁ~って感じちゃいます。

IMG_1530_1.jpg
黙々と蜜を吸ってました。

吸っていた?食べていた?

どっちなんだろう・・・ね。

IMG_1532_1.jpg

IMG_1533_1.jpg

IMG_1547_1.jpg

IMG_1548_1.jpg

IMG_1553_1.jpg
この日は、ポカポカと暖かく、

日陰でなんのない雑談をして過ごしました。

たまには、ぼーっと過ごすのもいいですね。







  1. 2016/04/24(日) 22:27:49|
  2. ヒヨドリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマセミ

今年は、約1ヵ月間ほどヤマセミを観察してから撮影に入りました。
その間の睡眠時間は、約1~2時間ほどでした。夜勤の仮眠はあります。

詳しい内容は書きませんが、ヤマセミの行動や習性などが分かり、
後での撮影が少し楽になったようでたくさん撮ることができました。

ヤマセミは、じっくりと人の動きを見ています。
また、人を判断しています。
あまり人が多いと警戒して近づくことができません。


※撮影場所の問い合わせにはお応えできませんのでご了承願います。
  見る人が見れば場所は特定できると思います。

DSCN3371_1_1.jpg
和名:ヤマセミ(山翡翠)
英名:Crested Kingfisher
学名:Megaceryle lugubris
全長:38cm ハトほどの大きさ
ブッポウソウ目カワセミ科に分類される鳥類の1種である。

カワセミからヤマセミを撮るようになりました。

めっちゃ可愛いい~~!!ですね。

DSCN3377_1_1.jpg
ジッと岩の上で日向ぼっこをしてました。

ヤマセミは、正面から見ると、

はっきりとした顔立ちではないのですが、

横から見るとそのギャップに初めは

えっ!

と思いました。

DSCN3397_1_1.jpg
この大きな嘴で、

獲物を捕らええ捕食します。

その光景は何度見ても飽きることはないですね。

でも、いつも遠い場所の岩へ飛んで行き、

撮ることができないことが多いです。

DSCN4480_1_1.jpg
たまに鳴くこともあります。

ちょっと高い声で、鳴くと尾っぽがピン!と上がります。

可愛い~~!!です。

動画でも録っています。

DSCN4691_1_1.jpg
ちょっとだけ羽繕いの姿です。

DSCN4694_1_1.jpg

DSCN4815_1_1.jpg
こうして見ると、

ヤマセミさんは綺麗にしていることが分かります。

DSCN4879_1_1.jpg
これは、約6~7mの距離での撮影でした。

座って待ってると、

ヤマセミさんが近くの枝にとまる事があります。

来たぁっ!っと思った瞬間、

ドキドキ緊張しっぱなしです。

DSCN4896_1_1.jpg
こちらが大きな動きをしなければ逃げることがなく、

リラックスしてジッととまっててくれます。

こんなことはあまり少ないので貴重な瞬間です。

DSCN4917_1_1.jpg
たまに向きを変えたり、

尾っぽをピンと上げたりと、

可愛い~~!!動きです。

こんなに近くで見ることは少ないです。

DSCN4984_1_1.jpg

DSCN5011_1_1.jpg
たまに、こちらの様子をうかがって、

危害を与えないことが分かると、

また、マッタリとします。

しばらくすると、
DSCN5048_1_1.jpg
どこかえと飛んで行きます。

こんなに近くで観察できることは、

本当に貴重な時間だと思います。







  1. 2016/04/23(土) 22:51:00|
  2. ヤマセミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カラフトムシクイ

前回、いつものコースを回りながら小鳥さんを探していると、
集団で何かを撮ってました。
鳥友さんが聞いてみるとメジロを撮ってるそうだってことで、
傍のベンチでその様子を見ながら雑談してると、

急に鳥友さんがおかしい!

メジロをそんなに必死で撮るわけがない!!っと再度聞きに行くと
「カラフトムシクイ」だということが分かり私も参加することに。
IMG_8891_1_20160422060201088.jpg
でも、チョロチョロと飛び回ってるのは真上で、

腹ばかりしか撮れなくて、

何の鳥を撮ったのかが分からない。

それにしてもこの集団と三脚の数にビックリ!

カメラマンが多いことは聞いてましたが、

これ程とは思ってませんでした。

これじゃ腹ばかりで撮っても仕方がないので、

別の場所へ移動し、日を改めて出直すことにしました。

それに、人が多い場所での撮影は苦手です。



数日後に訪れてみると、

数人のカメラマンさんだけでした。

人が少ないのでカラフトムシクイさんも、

目線上辺りでチョロチョロ飛び回ってました。

IMG_9078_1.jpg
和名:カラフトムシクイ(樺太虫喰)
英名:Pallas's Warbler
学名:Phylloscopus proregulus
全長:約10cm。ムシクイ類中最小の種である。
メボソムシクイ科に分類される鳥類の一種である。

前回より近くで飛び回ってましたが、

大きさが小さくてピントが合わなくて撮れない!

仕方がないのでMF撮影に切り替えて撮ってきました。

手動でピントを合わせて撮ったので上手く撮れているかは、

分からないままシャッターを切ったので、

ハチャメチャでボロボロでした(ノ_<。)ビェェン

まぁ~写真にはできないが証拠写真として、

ブログで紹介します。

IMG_9086_1_1.jpg
綺麗な鳴き声で鳴いてました。

今回はボケてますが、

何の鳥を撮ったのかは分かりますね。

IMG_9088_1_1.jpg
カラフトムシクイを見るのは、

これで2回目でしたが、

傍で見ると本当に小さな鳥さんでした。
IMG_9133_1.jpg

IMG_9141_1.jpg


IMG_9149_1.jpg

IMG_9158_1.jpg
何か枝にあったものを銜えてました。

IMG_9159_1.jpg
何を銜えていたのかは分かりませんが、

緑色の小さなものでした。

IMG_9166_1.jpg

IMG_9174_1.jpg
また、綺麗な鳴き声で鳴いてました。

いつか、もっといい機材で鳴いている様子を

動画で撮ってみたいですね。

IMG_9193_1.jpg

IMG_9190_1.jpg

IMG_9211_1.jpg

IMG_9213_1.jpg
頻繁に鳴いてました。

IMG_9218_1.jpg

IMG_9221_1.jpg
鳴いている姿も、

可愛い~~!!です。

IMG_9236_1.jpg

IMG_9239_1.jpg
今回は、ボケボケでしたが、

カラフトムシクイを撮ったんだなってことが

分かる程度に撮れていたので、

これでいいかな?って思うことにしました。

私の腕ではこれが精一杯でした。

お見苦しい写真でm(_ _)mさい。

またいつか綺麗に撮れるようにがんばります。







  1. 2016/04/22(金) 22:24:33|
  2. カラフトムシクイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シジュウカラ

この日は、行く所にシジュウカラが出没してました。

ちょーど、子育て期間中なので、

巣に餌を運んでました。

IMG_9039_1.jpg
餌を探してる様子です。

素早くて餌を捕らえた瞬間は撮れなかった(ノ_<。)ビェェン

IMG_9043_1.jpg
何度も何度も餌を捕っては、

巣へと運んでました。

IMG_9044_1.jpg
枝の上で、羽を広げてました。

IMG_9045_1.jpg
葉の裏?に居る虫などを探してました。

IMG_9047_1.jpg
こんな風にキョロキョロと探して、

見つけると嘴で銜えて巣えと運んでました。

残念ながらその様子は素早くて撮れなかった(ノ_<。)ビェェン

IMG_9254_1.jpg
この日は、なんだかシジュウカラの日でした。





  1. 2016/04/22(金) 22:24:09|
  2. シジュウカラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シジュウカラ♀の毛繕いpart2

左の羽繕いが終わると、

今度は右の羽繕いをし始めました。

これまで見てきた羽繕いは、

左右を交互にしている姿でしたが、

こんな風に几帳面にする小鳥さんも居るんですね。

IMG_8943_1.jpg

IMG_8944_1.jpg
今度は、右の羽繕いをし始めました。

IMG_8945_1.jpg

IMG_8946_1.jpg

IMG_8948_1.jpg

IMG_8949_1.jpg

IMG_8950_1.jpg

IMG_8951_1.jpg
今度は、嘴で羽を銜えている様子が分かりますね。

綺麗に羽を整えてました。

IMG_8952_1.jpg

IMG_8953_1.jpg

IMG_8957_1.jpg

IMG_8961_1.jpg

IMG_8968_1.jpg
人が来たので、急に飛んで行ってしまいました。

長いこと羽繕いをしてました。







  1. 2016/04/22(金) 22:23:45|
  2. シジュウカラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シジュウカラ♀の毛繕い

メジロさんのぐちゃぐちゃな姿を撮ってると、
シジュウカラさんが近くの枝に飛んできて、
毛繕いをし始めました。


この辺りは、ヤマガラやシジュウカラなどが
良く飛んできます。

IMG_8916_1.jpg
和名:シジュウカラ(四十雀)
英名:Great Tit
学名:Parus minor
全長は約14.5cm
鳥類スズメ目の科である。

シジュウカラは良く見かけるのですが、

なぜか?

撮ってしまいます。

オオルリやコマドリにキビタキも、

こんなに綺麗に撮れるといいんだが・・・。

IMG_8919_1.jpg
まずは、左の羽からね。

小鳥さんには、欠かせないことですね。

IMG_8926_1.jpg
また、パタッ!と止まって、

IMG_8929_1.jpg
また、羽繕い

これの繰り返しでした。

IMG_8930_1.jpg

IMG_8931_1.jpg

IMG_8932_1.jpg
今度は大きく羽を広げ、

嘴で羽を銜えて整えてました。

羽が透き通って綺麗でした。

こんな仕草を見るのは久しぶりでした。

IMG_8933_1.jpg

IMG_8937_1.jpg

IMG_8938_1.jpg

IMG_8940_1.jpg

IMG_8941_1.jpg

IMG_8942_1.jpg
この子は、几帳面なのか?

念入りに羽繕いをしてました。





左の羽の羽繕いへつづく・・・。





  1. 2016/04/22(金) 22:23:20|
  2. シジュウカラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メジロさんぐちゃぐちゃ

公園内をウロウロと目的の小鳥さんを探し回り、
ちょっと、疲れちゃったのでいつもの休憩所へ。

もしかして、小鳥さんが水遊びでもしてるかも

っと!向かってみると、

ざぁ~んねん!

水遊びが終わった後でした。
IMG_8909_1.jpg
既に水遊びが終わって上の枝にとまって、

毛繕いをしてました。

もう少し早かったらなぁ~。

メジロさんが振り向いたお顔が・・・。

ちょっと可笑しかったので(〃^∇^)o彡☆あははははっ!

って笑ってしまいました。

IMG_8911_1.jpg
毛がぐちゃぐちゃですね(^o^)ハハハ

私も寝起きはこんなかんじかなぁ。

IMG_8915_1.jpg
まだ、ここで水遊びをしている瞬間に、

出会ってません(ノ_<。)ビェェン






  1. 2016/04/22(金) 03:05:28|
  2. メジロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤマホオジロ♀

あてもなく目的の小鳥さん探しです。
ウロウロとしていると草むらの中に小鳥さんみっけ!

よく見るとミヤマホオジロの♀でした。

IMG_8903_1.jpg
その内、たくさん居ることが分かりました。

IMG_8907_1.jpg
残念!

枝被りです(ノ_<。)ビェェン

IMG_8908_1.jpg
でも、好きな小鳥さんなので、

かまわず撮ってきました。

可愛い~~!!

IMG_9052_1.jpg
なかなか目的の小鳥さんが見つかりません(ノ_<。)ビェェン

仕方がないので水遊びでもしていないかな?って

いつもの場所へ向かいました。





  1. 2016/04/22(金) 02:54:48|
  2. ミヤマホウジロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒヨドリ

この日も、公園内をウロウロと小鳥さん探しです。
あてもなくオオルリが出没した場所へ行って見ると、
ヒヨドリさんの姿がありました。

暇だったのでヒヨでもいいかぁ!

IMG_9030_1.jpg
ちょっといい感じの光景だったので・・・。

前回、頻繁にオオルリが出てましたが、

この日は、さっぱりでした。

IMG_9032_1.jpg
この日は、人も少なく鳥さんの出も悪くなってました。

その日その日のギャップが凄過ぎる。





  1. 2016/04/22(金) 02:37:19|
  2. ヒヨドリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオルリの若

昨年、一瞬だけオオルリの飛んでいく姿を見たっきり、
一度も見ることができなかった。

それも青い小鳥さんといったイメージでした。

今年は、何とかその姿をおさめたいと思い撮りに行って来ましたが、
これが難しい(^。^;)フウ

撮れても色が出なかったり目が写らなかったり真っ黒になってしまいます。
それに、ここの公園の撮影は難しいです。
暗い場所での撮影が殆どでSSを1/40で切ると手持ちでは手振れを起こします。
やはり、三脚や一脚が必要に感じてきました。

お見苦しい証拠写真ですので、
さらっと流して見てください。

IMG_8707_1.jpg
和名:オオルリ(大瑠璃)
英名:Blue-and-White Flycatcher
学名:Cyanoptila cyanomelana
全長:約16cm、翼開長が約27cm
スズメ目ヒタキ科オオルリ属に分類される鳥類の一種。

日本三鳴鳥(ウグイス、オオルリ、コマドリ)

オオルリの♂です。

かなり遠くの枝にとまってて、

撮影しにくい場所でした。

目の周りが黒いので目が綺麗に撮れなくて、

真っ黒!

何度撮っても真っ黒!!(ノ_<。)ビェェン

IMG_8738_1.jpg
今度はかなりいい場所にとまってくれましたが、

上手く撮れません。

本当に下手ですね。

IMG_8800_1.jpg
やっぱり上手く撮れません(ノ_<。)ビェェン

でも、肉眼で見ると、

お目目がめっちゃ可愛いい~~!!です。

IMG_8808_1.jpg
ちょっと明るく撮ると、

こんな感じでめちゃくちゃです。

途中で気づいたのですが、

羽が青色ではなく茶色っぽい。

周りの鳥友が羽が茶色なので若だと教えてくれました。

IMG_8829_1_1.jpg
今度は背景がいい場所にとまってくれましたが、

これがなかなか撮りづらい場所で、

しかも手前には枝が邪魔して変な体勢での撮影でした(^。^;)フウ

IMG_8833_1.jpg
背景は良かったのですが、

IMG_8834_1.jpg
結局、上手く撮れなかった。

IMG_8841_1.jpg
仕方がないので、

今度は下から狙ってみました。

今度は、羽の部分が茶色だと分かりますね。

IMG_8846_1_1.jpg
この日、まぁ~何とか綺麗に撮れた一枚です。

IMG_8858_1.jpg
別の場所でもオオルリが出てました。

ボケボケで後姿ですが、

成長はこんな風に綺麗な青色をしてます。

今年は、出が良いみたいなので、

何度かチャレンジできるようです。






  1. 2016/04/21(木) 06:53:17|
  2. オオルリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メジロ

今日も、元気で枝から枝へとメジロさんが飛んでました。
その日、出会った小鳥さんは、なるべく撮るようにしています。

IMG_8701_1.jpg

やっぱりメジロさんは、

お花や実がお似合いですね。

IMG_8703_1.jpg
鋭い目をしてました。

今年は、たくさん撮らせてもらったので、

感謝してます。






  1. 2016/04/20(水) 21:35:52|
  2. メジロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お見苦しいキクイタダキ

カラフトムシクイを撮ってると、
?ちょっと違った小鳥さんの姿がありました。

ちょこちょこと動き回るのでなかなか上手くいきません。
結局、ピン暈けでお見苦しい写真となってしまいました。

今度、いつ出会えるかは分かりませんが、私にとって
こんな鳥さんだったと忘れないように記録として残して
おくことにしました。

超!汚いキクイタダキです。
IMG_8665_1.jpg
和名:キクイタダキ(菊戴)
英名:Goldcrest
学名:Regulus regulus
全長:約10cm、翼開長が約15cmで、日本国内では最小の鳥の一種
スズメ目キクイタダキ科キクイタダキ属の鳥類の一種

残念!

小枝が邪魔してボケボケです(ノ_<。)ビェェン

頭頂部に黄色い冠羽があるため菊を戴くという意味から命名。

この部分を撮らないと何の鳥かが分からないそうです。

こんな写真を載せると、

ボロクソなコメントをする方が居ますが、

ドンドン書き込んでください。

それを分かって載せてますので・・・。

IMG_8675_1_201604202027020b9.jpg
カラフトムシクイもキクイタダキも、

真上で腹ばかりしか撮れませんでした。

こんなの撮っても仕方がないと言われますが、

初見だったので、

これはこれでいいかな?っと

自己満足です(^o^)ハハハ。

IMG_8700_1_1.jpg
この日は、何もかもがボロボロでした(ノ_<。)ビェェン

反省としてブログで紹介しました。

いつか出会えるまでの楽しみです。





  1. 2016/04/20(水) 20:39:21|
  2. キクイタダキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アトリ

公園内をいつものコースで見て回ってると、
たくさんのカメラマンさんの姿が!

皆さんレンズを上に向けて何かを撮ってました。
何を撮ってるんだろうってそばに居た方に、
鳥友さんが聞くと「メジロ」だって!

しばらく様子を見てましたが、
鳥友さんがメジロをそんなにずっと撮ってるわけない!

おかしいって動き出し、私も傍に向かい、近くの方に聞いてみると、
鳥を撮ってると無愛想に返事され、知ってる鳥友さんが居たので、
聞いてみると「カラフトムシクイ」だということが分かった。

あまりにも小さくてちょこちょこ動き回り胸しか撮れないので諦めて、
IMG_8891_1.jpg
なぜか?

ジッ!

としているアトリさんが居ました。
        ↓
IMG_8586_1.jpg
和名:アトリ(獦子鳥、花鶏)
英名:Brambling
学名:Fringilla montifringilla
全長:16cm
鳥綱スズメ目アトリ科アトリ属に分類される鳥類の一種。

しばらく様子を見ていると、

どうも様子がおかしい。

IMG_8601_1.jpg
周りの方も怪我してるんじゃない。

ずっと動こうとしません。

それに元気が無いようです。

IMG_8604_1.jpg
どうしたんでしょうね。

ずっと、この場所から動こうとしません。

誰かが羽を痛めてるんじゃないの?

って言われてました。

その内、別の場所へ回って戻ってくると、

居なくなってました。

元気になって飛んでいったのでしょうね。




  1. 2016/04/18(月) 00:38:52|
  2. アトリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオジ

昨年、姿を見ることができたのですが、場所が暗くて撮れなかった小鳥さんに、
今年こそは!っと思い、いつもの公園へ行ってきました。

まずは、いつものコースを見て回ってるといつものアオジさんが草むらの中を
ウロウロとしている姿が!
このアオジさん、人馴れしているのか?2~3mほど近づいても無視されてしまいます。

IMG_8500_1.jpg
和名:アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀)
英名:Black-faced Bunting
学名:Emberiza spodocephala
全長:14-16.5 cm
動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類。

この場所も、私が探している小鳥さんの出没する場所なのですが、

この子が最近居座ってるようです。

私が撮ってると、

いたっ!(^^_)ルン♪って鳥友さんから声かけられたので、

いやぁー( ..)ヾ ポリポリ、

アオジを撮ってるだけですって申し訳なく言うと、

笑ってました。

この時期の探し物は、みなさん一緒なので、

こうしてジッ!と撮ってると間違われて申し訳なく感じます。

IMG_8506_1.jpg
アオジさんも私の方をチラッ!っと!!

IMG_8521_1.jpg
でも、無視です。

IMG_8524_1.jpg
何かは分かりませんが、

草の中の物を食べてました。

食べてる姿を撮りたかったのですが、

雑草が邪魔して撮れません(ノ_<。)ビェェン

IMG_8526_1.jpg
少しずつ私の方へ寄ってきます。

IMG_8527_1.jpg
もう目の前です。

アオジさんも人に興味があるんでしょうね。

IMG_8529_1.jpg
あまりにも近づきすぎたのか?

アオジさんも草越しに、

こちらを気にしながらチラ見です(^^_)ルン♪

IMG_8535_1.jpg
今度は、

立ち止まってジッ!と私のことを見てました。

あまり、ストレスを与えるといけないので、

別の場所へ探しに行きました。







  1. 2016/04/18(月) 00:38:29|
  2. アオジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山祗神社跡公園からの夜景

この日、本当は桜めぐりをする予定でしたが、
天候が悪くて諦め鳥さんの様子を見に行ってきました。

この日は、残念ながら出が悪く夕方近くに一度だけ、
出てきてくれました。

待っている間、暇だったのでニュースを見ていると、
舞鶴公園の桜が満開だということでどうしようかと迷った挙句、
急遽、「福岡城さくらまつり」へ向かいました。

この日は土曜日!

しかもこの日以外は雨。

案の定、めちゃくちゃ人が多く撮影どころではありませんでした。

かなり時間を掛けて撮ったが、人が写りこんであまり良くなかった。

折角なので気になっていた場所へ寄ってから帰ることにしました。
時刻は、既に23時を過ぎてました。

IMG_6505_2016040406503278c.jpg
大山祗神社跡公園の入り口周辺の様子です。

以前、ここは立ち入り禁止になってて

ロープかチェーンが張られてたような?

愛宕神社の駐車場から少し下ると、

右側に展望台の入り口がありました。

右の門柱には「株式会社 サワライズ」と彫られ、
左の門柱には「大山祗神社跡公園」と掘られました。

時刻が時刻なもので駐車場には、

変な若者がたむろって騒いでました。

外灯が無かったのですが、

懐中電灯なしでも展望台へ上がることができました。

展望台へ向かうとこんな時間にカップルが居ました。

邪魔にならないように静かに撮ってきました。

IMG_6464_20160404065907b11.jpg
百道方面、福岡タワーを望む。

残念!

福岡タワーのライトアップが終わってました。

時計を見ると0時を過ぎてました。

撮る気0%になり適当に撮って帰ることにしました。

夜景は、学生の頃から大好きで、

よく彼女と出かけては夜景の綺麗な場所を探してました。

IMG_6470.jpg
ちょっとアップで。

愛宕神社より標高が低いためか?

愛宕神社からの夜景←クリックしてね。

どちらかといえば愛宕神社からの眺めがいいようです。

ただ、右側に見える大きな建物「ヴァークスマリナアベニュー」が

愛宕神社からの夜景をちょっとだけぶち壊してます。

その点、こちら側からの眺めはいいようです。

IMG_6475_20160404071112eb3.jpg
愛宕神社方面。

展望台からは360度の夜景が望めますが、

標高が低いため、愛宕神社方面、

天神方面の夜景が望めませんでした。

ここからぐるっと右回りの夜景を紹介します。

IMG_6473.jpg
中央区、南区、春日市方面。

手前の木が邪魔して夜景が半減。

IMG_6472.jpg
姪浜方面。

IMG_6483_20160404071419656.jpg
小戸方面。

公園敷地内の端に、薄っすらと記念碑?が見えます。

また、昼間ゆっくりと訪れてみます。

IMG_6482.jpg
愛宕浜のマンション方面。

暗くなってからの夜景は駄目ですね。

もう一度ゆっくりと訪れてみようと思います。

帰りは1時を過ぎてました(_ _).。o○






  1. 2016/04/04(月) 06:52:54|
  2. 夜景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富良野のメルヘンの木が伐採

私の子供の頃、富良野を舞台としたドラマ「北の国から」が放送されてました。
かなり影響があり、いつか行って見たいと思いながら数十年が経ち2007年に北海道へ訪れたついでに、
憧れの富良野へ訪れ、「北の国から」のロケ地めぐりをしました。

随分と時が経っていたために、当時とはかなり違ってましたがそれでも満足しました。

富良野にあった「メルヘンの木」もタイトルバックで使われていたので、
是非、景観と撮ってみたいと思って願いが叶いました。
2007_07070325.jpg
右にちっちゃく見える2本の木が「メルヘンの木」です。(2007年7月撮影)

遠ぉ~くて、こぉ~んなにちっぽけにしか見ることができませんでした。

もっと近くに寄って撮りたかったのですが、

これ以上先に進むことができませんでした。

ただ、場所が畑の中だったこともあってかなり遠目での撮影だったのと

観光ついでにぱぱぱっと撮ったので、老後はゆっくりと撮影しに行こうと思ってました。

2007_07070318.jpg
そんな「メルヘンの木」も観光客のマナーの悪さで切り倒されたことを数年前知りました。

2007_07070318_1.jpg
望遠レンズで撮ったのですが、

遠くてボケボケでした。

いつか、冬の景観として、

ゆっくりと尋ね撮ってみたいと思ってたので残念です。






  1. 2016/04/04(月) 06:36:05|
  2. 富良野[北の国からロケ地]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美瑛の哲学の木が伐採

美瑛町の観光名所となっている「哲学の木」が所有者により伐採されたという情報が先々月流れてきた。
記録としてブログに書いておこうと思ってましたが遅くなってしまった。
2007_07070248.jpg
北海道上川郡美瑛町拓進あった「哲学の木」です。(2007年7月撮影)

直径1.8m、高さ30mの哲学の木は、1960年代半ばに植えられ、やや傾いた姿が、
まるで考え事をしているように見えることから「哲学の木」と名付けられたそうです。
以前から、無断で畑に入り込む観光客が多く、何年か前には所有者が幹に赤い×印を付けたりと
マナーを守るようにと訴えてましたね。

こうした観光名所の問題は、各地でもありがちですね。
私たち愛好家が密かに楽しんでた景観も雑誌やテレビなどの報道でどっと人が押し寄せて観光名所になり、
めちゃくちゃにされ駄目になった場所も数え切れないほどあったりします。

近年、ネット情報になりネットで情報を流す者も増え、また、誰でも簡単に綺麗にデジカメで撮れるようになり、
撮影者が増え安易にネットで堂々と場所と地名を載せる方が増えたことも原因のひとつだと思います。
昔は、一部のカメラマンのみだったのに・・・。

この哲学の木もその内消えて見ることができなくなるんだろうなって思ってたら、
24日(間違ってたらm(_ _)mさい)に所有者によって伐採されたということを北海道の方からr連絡があり、
やっぱりねっと思いました。

それにしても美瑛町や観光協会は何をしていたのでしょうね。

2007_07070249_1.jpg
一度失ってしまった景観は、2度と戻ってこないです。
またひとつ失ってはいけない大切な景観が消えてしまいました。

本当に悲しいことです。

それにしても、最近の観光客のマナーというかモラルが悪いですね。
先日も、ある名所の桜で、「入ってはいけない」と注意書きがあるにもかかわらず、
入り込み撮影をしていました。
特に、カップルや年配者の姿が多く見受けられ、不愉快な思いをしました。
その内、そこを管理をしてる方がやってきて、ぶつぶつ「勝手に入ってから…」といいながら注意をしてました。

どうしてマナーが守れないのでしょうね。

私もたまに、注意すると逆切れするものが多く、自己中な方が多いです。
注意されることが少なくなったのも原因だと思います。注意されないから、
それが普通のことだと勘違いしてる方も多いようです。

昔は、大人の方が注意していたのに、最近は、面倒なことに関わりたくないといって注意しない人も多いですね。
何が正しいのか?悪いかは分かりませんが、人に迷惑や不愉快な思いを感じさせる行為はやめてほしいですね。

私が美瑛に訪れた理由は、写真家の「前田真三」氏が撮影した、
冬の美瑛の写真展を見て衝撃を受けてからです。

もうひとつの理由は、美瑛町には、「拓真館」があるからです。
北海道へ訪れたら一度は訪れてみようと思っていた場所でした。

いつかは、私もこの方の様な写真を撮ってみたいと思っていたのに残念です。
それまで、素晴らしい景観が残っていることを願っています。

現在、JALのCMで嵐が訪ねた5本の木、通称「嵐の木」も問題になってるようです。
同じようなことにならなければと思っています。

それにしても、北海道は遠ぉ~いです。






  1. 2016/04/04(月) 05:46:27|
  2. 北海道一周
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマセミ ちょっとだけ近くで・・・。

この日は、全国的に大寒波にみまわれた日本列島。
私の住む地域も雪が積もり交通麻痺状態でした。

そんな中、ちょっと鳥の様子を見に出かけましたが、
現地に着くにつれて積雪が酷くなりバイクでは危険な状態でした。

現地は、いつもの光景とは違って真っ白な雪景色で綺麗でした。

が、雪が深く撮影する状況ではありませんでした。
近くの方が、道路で雪かきをしていたので、
私も撮影しやすいように雪かきをすることにしました。

既に、靴の中はびしょ濡れで足が冷たくて痛いです。

そんなことをしていると、



ヤマセミの鳴き声が森の中から聞こえてきました。

まさかねぇ~って鳴き声がする方へ行ってみると
確かに森の中からヤマセミの鳴き声がしてきます。

この森の中にヤマセミが入ってることは、
今まであったかな?っと考えながら、
暇だったので雪だるまを作ることにしました。
IMG_0017_1.jpg
童心に戻って雪だるまを作りました。

不細工な雪だるまですがご勘弁を…。

出来上がった雪だるまを撮ってると、
森の中からガザガザっと音がし、
何か白い物が飛び出してきました。

やっぱりヤマセミでした。

近くの枝に止まったことは確かなのですが、

姿が見えません。

かなり近くで鳴いてます。


※撮影場所の問い合わせにはお応えできませんのでご了承願います。
  見る人が見れば場所は特定できると思います。

そっと移動しながら鳴き声が聞こえる方を探すと、
IMG_9856_201604020056308ed.jpg
いたぁっ!(^^_)ルン♪

居ました。

めっちゃ近くにとまってました。

が!枝がもろ被って邪魔です。

さて、どうしたもんだか。

以前にもこんな場面に

出くわしたことが何度かありました。

そっと移動しながら撮りやすい場所へ

動いてみることにしました。

IMG_0024.jpg
まったりとしています。

これなら大丈夫だと思い、

とにかく撮りやすい位置へ

移動してみることにしました。

IMG_0028_7.jpg
ヤマセミさんがなにかを眺めてました。

何か見えるの?

ここも枝が邪魔して上手く撮れません。

って思ってると、
IMG_0029_1.jpg
気づかれてしまいました。

やばい!

っと思ってジッ!としていると、

何も無かったように向こうを向いてくれました。

ふぅ!

緊張しっぱなしです。

IMG_0038_1.jpg
今度は、かなりいい場所でしたが、

手前の枝とヤマセミさんの周りの枝が邪魔!

よく止まり木の鳥を撮っても仕方がないと言われますが、

ヤマセミは別です。

近くで撮れることは滅多に無いからです。

私の機材だと、遠いと解像度が落ちてしまいます。

IMG_0043_7.jpg
静寂です。

こんな時、シャッター音がうるさくて気になります。

IMG_9727.jpg
ここも枝が邪魔です。

IMG_9731_7.jpg
ここも枝が邪魔して綺麗に撮れません。

かなりこちらを気にして警戒してました。

なので、違う場所へそっと移動しました。

IMG_9734_7.jpg
今度は真後ろに移動してみました。

が、やっぱり枝が邪魔です。

ヤマセミさんが警戒しています。

m(_ _)mね!

もう少し我慢しててねってお願いしながら、

移動しました。

IMG_9737.jpg
やっと、枝が被らない場所を見つけましたが、

これじゃあねぇ~。

でも、撮れるだけいいかな?ってね。

IMG_9743_7.jpg
少し中腰になって撮ってみました。

かなり近い距離での撮影です。

近いと綺麗に撮れました。

IMG_9744_7.jpg
私の存在を気にしてましたが、

かなりリラックスしてました。

IMG_9747_7.jpg
それにしても、

めちゃくちゃ可愛いい~~!!です。

IMG_9757_7.jpg
尾っぽをぴくぴくと動かしてます。

時折、鳴くこともあります。

独特な鳴き声なので、

いつかゆっくりとビデオに収めたいと思っています。

IMG_9758_7_7.jpg
この日は、積雪だったこともあり、

いつものとまり木や休み木は、

雪が積もって行き場が無かったようです。

それに餌も見つからないようです。

IMG_9760_7.jpg

IMG_9761_7.jpg
お尻が真っ白でふわふわ!

一度でいいから、触ってみたいですね。

IMG_9764_7_7.jpg
上空にヘリが飛んでました。

それが気になるようです。

IMG_9773_7.jpg
この日は、本当にまったりとしてて、

何の動きもありません。

たまにお尻が開きますが、

どういう時にこうなるんでしょうね。

IMG_9777_7_7.jpg
時折、人が通るので気になるようです。

IMG_9788_7_7.jpg

IMG_9789_7.jpg

IMG_9796_7_7.jpg

IMG_9797_7.jpg
こんなに近くで撮らせてもらい、

感謝です。

ヤマセミさん!

本当にありがとう!

ある程度撮れたので、

驚かせないようにそっとその場を離れ、

しばらく遠くから様子を見てました。

結局、この場所に約1時間近くとまってました。

私も、暇だったので雪かきをしてると、

その内、鳴いてどこかへ飛んでいきました。

行き先は、いつもの場所です。






  1. 2016/04/02(土) 02:25:18|
  2. ヤマセミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

まぁちゃん

Author:まぁちゃん
車で友達とドライブ!各地のイベントに観光スポットに温泉へ出かけたりと、暇と時間があればどこかへ出かけ、楽しんでいます。

※秘密の場所や作品などは紹介していません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気ままな車内泊一人旅

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる